女盗賊が快楽の罠にはまり..."ロマンポルノの星"が野外ラブシーン演じた映画『戦国ロック 疾風の女たち』

2021/6/30 18:05

日活ロマンポルノ映画『戦国ロック 疾風の女たち』(1972年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて7月5日23時59分まで無料配信中。「ロマンポルノの星」と呼ばれた女優・田中真理が女盗賊役を演じた戦国ポルノ活劇だ。

サムネイル
映画『戦国ロック 疾風の女たち』


勝ち気な女盗賊(田中真理)が、男盗賊と野外で情事に及び、裸で野山を駆け回る! 血しぶきや爆破、アクションシーンも見どころな戦国ポルノ活劇『戦国ロック 疾風の女たち』を無料配信中>>

日活ロマンポルノとは、1971年~88年の間に製作・公開された、日活による成人映画レーベルのこと。「10分に1回、"絡み"のシーンを作る」「上映時間は70分程度」といった一定のルールさえ守れば比較的自由に作品づくりができる環境によって、個性的な役者やスタッフを次々と輩出した。

戦国時代、戦いに敗れた武士たちを襲う野盗の群れが横行していた。天魔谷では、男たちの一党のほか、婉(えん)を主領とする7人の女たちが手を組んだ「疾風組」が、男顔負けの勢いで暴れ回っていた――。

主演を務めた田中は、整った容姿と引き締まったからだが魅力の、日活ロマンポルノ初期を代表するスターのひとりだ。『戦国ロック 疾風の女たち』では、したたかで美しい女盗賊・婉(えん)役を好演している。男盗賊集団の主領と野外で情事に及ぶ場面もあり、快楽に悶(もだ)える姿が官能的だ。また、仲間の女盗賊たちが敵の罠(わな)にはまるシーンも色っぽい。特に「忍びのまぐわい」は、アクロバティックな濡(ぬ)れ場に驚かされるはず。

本作は、戦国時代を舞台にしたアクションシーンも見どころ。「日活ニューアクション」を牽引(けんいん)し、後に『あぶない刑事』『相棒』シリーズなどを世に送り出した故・長谷部安春監督による作品だけに、血しぶきや爆破などのド派手な描写も満載だ。

サムネイル
映画『戦国ロック 疾風の女たち』


勝ち気な女盗賊(田中真理)が、男盗賊と野外で情事に及び、裸で野山を駆け回る! 血しぶきや爆破、アクションシーンも見どころな戦国ポルノ活劇『戦国ロック 疾風の女たち』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/25 デイリーランキング