"全集中モード"川尻蓮の視線が心臓にぶっ刺さる! JO1初の地上波冠番組『トレスギJO1』第1弾をおかわり

2021/7/ 9 18:59

グローバルボーイズグループ・JO1初の地上波冠番組『トレスギJO1』の第2弾が放送されるのにともない、第1弾を動画配信サービス「GYAO!」にて無料配信中。川尻蓮のちょっぴりシュールな「静の蓮」モードに加え、JO1メンバーの強烈パフォーマンスがリピート視聴必至!

サムネイル
『トレスギJO1』


岩視点からの川尻蓮の映像があったら言い値で買うぞ! "全集中モード"の川尻に見つめられたら心臓がもたん......JO1初の地上波冠番組『トレスギJO1』第2弾の前に第1弾をおさらい>>

『トレスギJO1』は、JO1が世界に通用する強烈なパフォーマンスをそれぞれ習得し、審査員となった芸能人の前で披露するバラエティ番組。メンバー11人全員のパフォーマンスを紹介するには放送時間が足りないため、地上波オンエア枠をかけた激しいバトルが繰り広げられる。同番組は、7月16日にフジテレビのバラエティ特番として第2弾の放送が決まっている。

第2弾の放送を記念して、3月26日に放送された第1弾が「GYAO!」で無料配信中。メンバーのひとり、川尻蓮は、形や重さが異なる岩を積み上げていく「ロックバランシング」に挑戦した。川尻といえば、メンバーも一目置くダンススキルの高さで知られているが、今回は激しい動きを封印し、「『静の蓮』でいきます」とのこと。スタジオで黙々と岩を積み上げる姿は少しシュールだが、全神経を集中させ、岩を見つめる真剣なまなざしがかっこいい......。

続く豆原一成は、全長10メートルの紐(ひも)につながれたけん玉に挑戦し、奇跡を連発している。急きょ挑戦した技では、メンバーや審査員一同が思わずスタンディングオベーションを見せるほどスタジオを沸かせた。

ほかにも、リーダーの與那城奨はポールダンス、金城碧海は絶対音感クイズ、河野純喜はヨーデルの歌唱、鶴房汐恩はノンブレスでカラオケ、大平祥生はパントマイムを披露した。なお、川西拓実、木全翔也、佐藤景瑚、白岩瑠姫のパフォーマンス映像はお蔵入りが決定してしまい、4人は大いに嘆くが......!? 未公開映像では、この4人の中から選ばれた人物が特別にパフォーマンスを披露している。

岩視点からの川尻蓮の映像があったら言い値で買うぞ! "全集中モード"の川尻に見つめられたら心臓がもたん......JO1初の地上波冠番組『トレスギJO1』第2弾の前に第1弾をおさらい>>

(文/藤原利絵@HEW