楠田枝里子が60年分の愛を語る「消しゴムの世界」&アナウンサーの人間味溢れる「実況の世界」/『マツコの知らない世界』

2021/7/13 17:15

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。7月13日(火)は楠田枝里子プレゼンツ「消しゴムの世界」とTBSアナウンサー初田啓介による「実況の世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』消しゴムの世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■消しゴムの世界/楠田枝里子(消しゴム界の神)
国内外からありとあらゆるジャンルの消しゴムを60年以上も収集し続ける楠田。コレクション部屋の照明は美術館用を使い、劣化を防ぐため窓ガラスはUVカット、温度湿度も徹底管理して大切に保存しているという。今回はそんな秘蔵のコレクションから、消しゴム職人の情熱と遊び心が伝わる逸品や、時代を感じさせる消しゴムを厳選して紹介。

さらに楠田だから手に入れることができた特別な消しゴムや、世界を旅して集めてきたお国情緒豊かな消しゴムがたっぷりと紹介されている。普段何気なく使っている消しゴムからさまざまなカルチャーが見えてくる。しゃべりだしたらもう止められない! マシンガンのように繰り出される楠田の消しゴム愛をマツコは受け止められるのか?

サムネイル
『マツコの知らない世界』実況の世界


■実況の世界/初田啓介(TBSアナウンサー・高3から実況を記録し続ける男)
松山英樹選手の劇的な優勝で幕を閉じた『マスターズゴルフ2021』。実況アナウンサーの"沈黙の55秒"が、話題となったのは記憶に新しい。そんな「実況の世界」を語るのはTBSアナウンサーの初田啓介。高校3年で実況アナウンサーに憧れ、TBSに入社した初田アナウンサー。スポーツの実況だけでなく『オールスター感謝祭』の赤坂ミニマラソンなどさまざまなシーンで活躍している。

「冷静」「正確」「私情を入れない」という実況者の基本ルールを初田アナウンサーから学びつつ、その一歩先にある"人間味あふれる実況"についても紹介している。サッカー日本代表戦、プロ野球、さらには『ザ・ベストテン』など初田アナウンサーが選りすぐった名実況の話を聞く。さらに初田アナウンサーが注目するアナウンサー志望の大学生が、競馬の実況をスタジオで披露。素人離れした実況にマツコもあぜん。アナウンサーを目指している方も、そうでない方も必見のコーナーとなる。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)