世界に誇る昭和ポップスを特集「マツコ音楽祭」&今や世界のスタンダート「アニソンの世界」&踊ってみた動画で大人気「パラパラの世界」/『マツコの知らない世界』

2021/7/27 13:45

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。7月27日(火)放送の内容は「昭和ポップスの世界」「アニソンの世界」「パラパラの世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』昭和ポップスの世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■昭和ポップスの世界/高橋昌太郎・さにー(平成生まれの昭和ポップス育ち)
洋楽の要素を取り入れながら独自の進化を遂げた70~80年代の昭和ポップスが今、平成生まれの若者に大人気。SNSの普及と共に、海外の若者にも人気を博しているという。今回「昭和ポップスの世界」を語るのは昭和ポップスが大好きだという平成生まれの高橋昌太郎さんとさにーさん。

2人が通う昭和歌謡バーでは昭和ポップスのイントロが流れただけで大盛り上がりを見せる。実はそのイントロにこそ昭和ポップスの魅力が隠されているという。そこで伝説の歌番組『ザ・ベストテン』で使われていたランキングボードをスタジオで使い、2人が厳選した「イントロがスゴい曲」ベスト10を紹介すると共に、昭和ポップスの大ヒット曲を懐かしい映像で振り返る。

■アニソンの世界/冨田明宏(アニソン評論家)
いまやJ-POPを引っ張る存在となったアニメソング。「アニソンの世界」を紹介するのはアニソン評論家の冨田明宏。スタジオでは「呪術廻戦」「進撃の巨人」など大ヒットアニメの主題歌へとつながる1960年代から1970年代のアニソンを振り返る。そして1976年、アニソン界に革命を起こした大ヒット曲を掘り下げる。伝説のアーティストも登場し、マツコが大興奮。

■パラパラの世界/DJ BOSS(パラパラ暗黒時代にピリオドを打ちたい男)
90年代に社会現象を巻き起こした「パラパラ」。その後勢いを無くしてしまったかに見えたが、最近は「踊ってみた動画」などSNSで大人気に。しかし踊っている曲はユーロビートだけでなく今のヒット曲に振りを付けた新たなパラパラが登場している。そんな「パラパラの世界」をマツコと振り返る。スタジオにはパラパラ界のマドンナとして君臨するルナ・テレサ・森が登場。マツコも感動する伝説のパラパラを披露している。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)