西野七瀬VS白石麻衣の"超次元ソフトボール"対決が激アツ! 乃木坂46総出演の懐かしドラマ『初森ベマーズ』

2021/7/29 16:00

2015年7月期に放送された乃木坂46総出演のドラマ『初森ベマーズ』(テレビ東京系)全12話を動画配信サービス「GYAO!」にて一挙無料配信中。ソフトボールをテーマにした同ドラマは、西野七瀬と白石麻衣が繰り広げた「魔球対決」シーンが特にアツい!

サムネイル
『初森ベマーズ』第11球より


白石麻衣の炎の魔球「ファイヤーウィンドミル」を西野七瀬はどう攻略する!? 2015年当時の乃木坂46メンバーがテニプリもびっくりの「超次元ソフトボール」を繰り広げたドラマ『初森ベマーズ』を無料配信中>>

同ドラマは、下町の弱小女子ソフトボールチーム・初森ベマーズの成長を描いた青春スポ根ストーリー。主人公・ななまる(西野七瀬)ら女子高生たちが地元の公園を守るためにソフトボールチームを結成し、強豪チームに勝負を挑む。

ドラマ『初森ベマーズ』は涙を誘い、手に汗握る展開が満載。中でも、ななまるら初森ベマーズと、宿敵・キレイ(白石麻衣)率いるセント田園調布ポラリス学園の対決が見どころだ。ななまるとキレイはそれぞれ魔球を持っており、打者のスイングを避ける「すんどめ」と、火をまとった「ファイヤーウィンドミル」の対決は、放送当時ファンが「超次元ソフトボール」と称して盛り上がった。CGを駆使した迫力の試合シーンもアツいが、西野と白石、乃木坂46の人気メンバー同士が対決する構図自体がファンには感慨深いものだっただろう。

西野や白石をはじめ、若月佑美、生駒里奈、深川麻衣といった、すでに乃木坂46を卒業したメンバーたちの現役アイドル時代の演技が見られる点でもうれしい本作。もちろん齋藤飛鳥や生田絵梨花、秋元真夏ら人気現役メンバーも出演しており、2015年当時の乃木坂46の懐かしい姿は必見だ。

サムネイル
『初森ベマーズ』最終球より


白石麻衣の炎の魔球「ファイヤーウィンドミル」を西野七瀬はどう攻略する!? 2015年当時の乃木坂46メンバーがテニプリもびっくりの「超次元ソフトボール」を繰り広げたドラマ『初森ベマーズ』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW