濡れ場とは別の意味で直視できない!? 血まみれ不倫相手(萩原みのり)がホラーすぎ/『ただ離婚してないだけ』第4話

2021/7/29 18:10

ドラマ『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京系、毎週水曜深夜0時~)第4話は、北山宏光(Kis-My-Ft2)演じる主人公が不倫相手(萩原みのり)を殺害する衝撃シーンからスタートした。まるでホラーのような展開が続き、初回の不倫ラブシーンとは別の意味で再び視聴者を驚かせた。

サムネイル
『ただ離婚してないだけ』第4話


殺したはずの不倫相手(萩原みのり)が幻覚で現れ......うめき声や目を見開いた血まみれ死体が直視できないほど怖い! ドラマ『ただ離婚してないだけ』を無料配信中>>

同ドラマは、本田優貴によるサスペンス漫画が原作。フリーライターの柿野正隆(北山宏光)と小学校教師の雪映(中村ゆり)は、結婚7年目の夫婦。お互いの感情は冷めきり、「ただ離婚してないだけ」の状態だった。しかも、正隆には萌(萩原みのり)という不倫相手もいて――。

7月28日に放送された第4話で、正隆は萌ともみ合いになった末に誤って彼女を殺してしまった。雪映と共に自宅の裏庭に萌の遺体を埋めて普段通り過ごそうとするが、次第に幻覚を見るようになるのだった。

血まみれのリビングや、目を見開いた萌の死体も恐ろしいが、正隆がフラッシュバックを起こして見る萌の幻覚も鳥肌もの。うめき声を上げ、血まみれで横たわる萌の姿はまるでホラー......。萌役を演じた萩原みのりは、これまで濃厚な濡(ぬ)れ場(第1話)やリアルな中絶シーン(第2話)などを体当たりで演じてきたが、第4話ではホラー演技まで披露し、視聴者をさらに驚かせた。

Twitter上では「濡れ場でキャーキャー言ってた時に戻りたい......」「濡れ場とかよりこの4話のホラー感の方が見れなくて目を隠してしまった」「萌ちゃんの演技がすごかっただけにホラー」と視聴者が震えている。また、夫婦が共犯者になるという衝撃展開を受けて、「これからどうなるんだろか」「はぁぁ苦しいっ でも来週もヤバいなぁ」「これからどんどんエグくなってくぅ」といった声も寄せられている。

殺したはずの不倫相手(萩原みのり)が幻覚で現れ......うめき声や目を見開いた血まみれ死体が直視できないほど怖い! ドラマ『ただ離婚してないだけ』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW