「セックスしよっか」と幼なじみに誘われ...松雪泰子&大森南朋の"車内キス"にドキドキな『初情事まであと1時間』第3話

2021/8/ 6 18:05

ドラマ『初情事まであと1時間』(MBSほか)第3話で、大人になって故郷で再会した幼なじみの男女の恋模様が描かれた。幼なじみ役を演じた松雪泰子と大森南朋が車内で演じたキスシーンの美しさに目を奪われる。

サムネイル
『初情事まであと1時間』第3話


「セックスしようか」車内でキスを交わした幼なじみふたりは帰宅早々に......松雪泰子&大森南朋の色気あふれるキスシーンがたまらないドラマ『初情事まであと1時間』を無料配信中>>

原作は、漫画雑誌『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA)で連載されたノッツによる同名コミック。多彩な性事情を通して浮かび上がる人間模様を、オムニバス形式で赤裸々に描きだす。

8月5日に放送された第3話は、三代続く酒屋の店主・上田(大森南朋)とパート店員・青木(松雪泰子)の物語だった。40代後半に差し掛かったふたりは幼なじみの元同級生という関係で、上田はバツイチ、青木は東京の暮らしに疲れて故郷に舞い戻ってきたという役どころだ。そんなふたりはいつもの配達の帰り道、軽トラの中でたわいのない会話をするのだった。

昔話をしていたふたりは、やがてどちらからともなく唇を交わした。その後、「セックスしよっか」という青木の誘いを上田は無言で了承して車を走らせ、ふたりは店に戻るのだった。店じまいを終えたあと、真っ暗な店内でふたりは......。キスシーンはもちろん、想像力を掻(か)き立てるエンディングにもドキッとさせられる。

大人の男女が静かに繰り広げた一連のシーンに、しっとりとした色気を感じた視聴者は多かったようだ。Twitter上では「大森南朋と松雪泰子が最高に素敵だった」「大森さんの色気がしんどかった...!! 本当にありがとうございます」「醸し出す雰囲気がもう私の好きなやつでノックアウト」「大人同士の恋愛ってドキドキする」「なんかいいキスだ...」といった声が寄せられている。

「セックスしようか」車内でキスを交わした幼なじみふたりは帰宅早々に......松雪泰子&大森南朋の色気あふれるキスシーンがたまらないドラマ『初情事まであと1時間』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW