ダブル不倫カップルが拘束プレイで乱れ...人妻(堀未央奈)の"焦らし攻め"が刺激的な『サレタガワのブルー』第5話

2021/8/11 16:45

ドラマ『サレタガワのブルー』(毎週火曜、MBSは24時59分~/TBSは25時28分~)第5話で、ダブル不倫カップルがラブホテルで拘束プレイに興じた。人妻(堀未央奈)が妻子持ち男に馬乗りになり、焦らしながら裸体をなで回す姿が官能的!

サムネイル
『サレタガワのブルー』第5話


「ガックガクになるまで愛し合おうな」「もう待てない」......ダブル不倫カップルはホテルで拘束プレイに興じ......妻子持ち男(Da-iCE・岩岡徹)の裸体をなで回す人妻(堀未央奈)にドキドキなドラマ『サレタガワのブルー』を無料配信中>>

同ドラマは、集英社のコミック配信アプリ「マンガMee」で連載中のセモトちかによる同名人気コミックが原作。高収入で愛妻家、家事全てをこなすイケメン夫・田川暢(犬飼貴丈)と、かわいく優しい妻・藍子(堀未央奈)は誰もがうらやむ結婚生活を送っていた。しかし、暢はあるとき藍子の不倫を知り......。

8月10日に放送された第5話で、不倫に気づいた夫を疎ましく感じた藍子は、ある計画を実行すべく、浮気相手である妻子持ちの上司・森和正(Da-iCE・岩岡徹)とラブホテルを訪れた。その計画とは、和正から「妻と離婚して藍子と一緒になる」という言質を取るものだ。藍子は泥酔した和正を拘束して馬乗りになり、焦らすように裸体をなで回した。快感にもだえる和正に「言ってみて、『藍子と一緒になる』って。じゃないと、ずーっとこのままだよ。ずっと攻められっぱなし」と妖しくほほ笑みかけるのだった。

第5話は、ラブホテルに入る前の「ガックガクになるまで愛し合おうな」「もう待てない、早く行こ」といったふたりの会話も含め、刺激的なシーンが満載だった。はたして藍子は計画通り不倫相手と一緒になることはできるのか、それとも彼女に制裁が下るのか? 8月17日に放送される第6話では、離婚すべく弁護士に相談していた暢が、藍子の「寂しかった、ずっと」という言葉を受けて「自分にも非があったのかもしれない」と考え始める......。

サムネイル
『サレタガワのブルー』第5話


「ガックガクになるまで愛し合おうな」「もう待てない」......ダブル不倫カップルはホテルで拘束プレイに興じ......妻子持ち男(Da-iCE・岩岡徹)の裸体をなで回す人妻(堀未央奈)にドキドキなドラマ『サレタガワのブルー』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW