つんく♂、シャ乱Q&アマチュア時代の懐かしショットを公開 視聴者「青春時代を思い出させてくれた」

2021/8/17 16:00

音楽家で総合エンターテインメントプロデューサーのつんく♂が『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系)に登場。アマチュア時代や、ロックバンド・シャ乱Qでボーカルを務めていた時代の写真を公開し、視聴者が若き日のつんく♂を懐かしんでいる。

サムネイル
シャ乱Q&アマチュア時代の懐かしいショットを公開したつんく♂


つんく♂、若かりし頃の写真を多数公開! 「全然お客さんが入らないバンド」に所属していたアマチュア時代や、林修が「上沼恵美子に似ている」とコメントしたシャ乱Q時代の写真をチェック>>

つんく♂は「全然お客さんが入らないバンド」で活動していたアマチュア時代や、シャ乱Q時代の写真を公開する中、ずっと「もがいていた」という当時の心境を語った。「自分自身のことを凡人だと思います」というつんく♂は、シャ乱Qと同期のMr.Childrenがどんどん売れていくことに焦りを感じていたそう。当時を振り返り、『くやしー!』と思っていたのは事実です」と明かしており、スタジオからは「つんく♂さんでも悔しがってるときがあったんだね」と驚きの声が上がった。

ほかにもつんく♂は、2014年に喉頭がんを患って声帯を摘出し、声を失くして絶望の淵にいったところをTOKIOに救われたという感動エピソードも語った。若かりし頃の写真や貴重なエピソードも含め、Twitter上では「初めて見るアマチュア時代の写真やTOKIOとのエピソードに泣いた...」「つんく♂、生き様がカッコイイな」「昔の写真見れて嬉しい!」「シャ乱Q懐かしいなぁ」「懐かしい映像の数々に青春時代を思い出させてくれた」といった声で盛り上がっている。

つんく♂、若かりし頃の写真を多数公開! 「全然お客さんが入らないバンド」に所属していたアマチュア時代や、林修が「上沼恵美子に似ている」とコメントしたシャ乱Q時代の写真をチェック>>

(文/藤原利絵@HEW