「10代のときにヤンチャで迷惑をかけた」...白血病の母を待つ、広島美人ギャルの涙が胸に刺さる

2021/8/17 19:20

テレビ東京系『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』に、白血病で入院中の母親をひとりで待つ21歳のギャルが登場した。母に親孝行したいと涙ながらに語るギャルにもらい泣きしてしまう......。

サムネイル
『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』


二世帯住宅の6LLDDKKで、ひとり白血病の母の帰りを待ち......親孝行をしたいと涙ながらに語る、広島美人ギャルに感動! 『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』を無料配信中>>

8月16日に放送された同番組でスタッフに声をかけられたのは、深夜の広島駅にいた21歳のまなみさんだ。まなみさんが住む実家は、二世帯住宅の6LLDDKKとかなり広いが、現在の住人は彼女ひとりだけ。祖父は施設に入所し、祖母は昨年に大動脈解離で急死したという。両親は彼女が小学生のときに離婚しており、まなみさんは「パパが借りたマンションにずっと住んでいたけど、高校からこっちに来ました」と語った。

さらにまなみさんは「今、お母さんが入院しているんですよ。白血病です、病気になっちゃって......」と明かした。入院中の母親とは「コロナで面会が制限されているので週1ぐらい」しか会えず、会っても「15分ぐらい面会して洗濯物を渡して帰る」という。まなみさんは母親について「友達みたい」「一番の理解者」と話し、「10代のときにヤンチャで、ママに本当に迷惑をかけたんですよ」と涙ながらに感謝を述べた。

母のありがたみを感じるからこそ、親孝行をしてあげたいというまなみさん。彼女の「EXILEが好きなんでライブも一緒に連れて行ってあげたい」「おいしい店に連れて行ってあげたい」という言葉に、もらい泣きしてしまうだろう。

二世帯住宅の6LLDDKKで、ひとり白血病の母の帰りを待ち......親孝行をしたいと涙ながらに語る、広島美人ギャルに感動! 『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW