吉沢亮、竹中直人とマジでキスする1秒前...不思議キャラ男子役が完全に保護案件な映画『レオン』を無料配信中

2021/8/24 17:30

地味なOLと女好きな社長の"入れ替わり騒動"を描いた映画『レオン』(2018年公開)を動画配信サービス「GYAO!」にて9月1日23時59分まで無料配信中。吉沢亮が竹中直人を抱きしめてキス寸前になるシーンが、いろいろな意味でドキドキ!?

サムネイル

映画『レオン』



吉沢亮、「どんどん夢中になって......好きだ」と竹中直人を抱きしめてキス!? ロマンチックかつ笑えるキス寸前シーンが見どころの映画『レオン』を無料配信中>>

映画『レオン』は、韓国の大人気ユニットKARA(2016年活動休止)の元メンバーで女優の知英が長編映画初主演を務めたラブコメディ。地味な派遣OL・小鳥遊玲音(知英)と、年商500億円の女好きなワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)は、偶然にも同じ交通事故に巻き込まれる。翌朝、ふたりはなぜか体が入れ替わっていて――。

吉沢亮が演じたのは、ヒロイン・玲音と同じ会社に勤める"不思議キャラ"な社員・一条徹役。玲音が玲男と入れ替わっていることに全く気づかず、彼女に淡い恋心を抱く役どころだ。一条が玲音(心は玲男)に「どんどん夢中になって......好きだ」と告白するシーンは、なんともロマンチックなムードだ。しかし、途中で「本来はこんな感じ」というテロップと共に玲音が玲男に変わる。一条と玲男が目を閉じ、ふたりの唇が重なりあおうとする一連のシーンは、笑いあり胸キュンありでファンの感情が大忙しかも?

映画『レオン』では、吉沢演じる一条が不思議キャラを随所で発揮する。お金を入れても反応しない自販機に「よしよし」と声をかけて会話をしたり、玲音が作ったみそ汁を飲んで喜びのあまり昇天したかのように空中に浮かんだりする姿がかわいい。地味なOLと女好きな社長による入れ替わり騒動の結末はもちろん、物語の癒やし担当(!?)な一条にも注目だ。

サムネイル

映画『レオン』



サムネイル

映画『レオン』



吉沢亮、「どんどん夢中になって......好きだ」と竹中直人を抱きしめてキス!? ロマンチックかつ笑えるキス寸前シーンが見どころの映画『レオン』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW