放送開始すぐソーププレイ...美人風俗嬢にハマる男が泥沼一直線でヤバい/『来世ではちゃんとします2』第3話

2021/8/26 18:45

ドラマ『来世ではちゃんとします2』(テレビ東京系、毎週水曜深夜0時40分~)第3話は、放送開始1分足らずで濃厚なラブシーンに突入した。恋するソープ嬢に貢ぐ男の描写が心臓に悪い......!

サムネイル
『来世ではちゃんとします』第3話


激しく攻められたソープ嬢が「もっと会いにきてね」と甘えてきて......放送開始40秒で、いきなり濃厚ラブシーン。貢ぎ描写が怖い! でもこれだけの美人ソープ嬢ならハマるのも理解できる?>>

2020年1月期に放送されたドラマの続編にあたる『来世ではちゃんとします2』は、いつまちゃんによる同名漫画が原作。"性依存系女子"な主人公・大森桃江(内田理央)をはじめ、恋愛と性をこじらせた男女を赤裸々に描いたラブコメディだ。8月25日に放送された第3話では、風俗嬢にガチ恋する檜山(飛永翼)にスポットライトが当たった。

檜山は、CG制作会社「スタジオデルタ」でチームリーダーをしつつ、副業で漫画を描いている。二足のわらじで稼いだ収入の使いみちは、ずばり風俗だ。檜山は、ソープ嬢・心(中川知香)に本気で恋して、彼女に貢ぎまくっている。題材が題材なだけあって、第3話は放送開始40秒で濃厚なラブシーンに突入した。もともと過激な描写が多いドラマではあるが、いきなりの濡(ぬ)れ場にド肝を抜かれた視聴者も多かったことだろう。妄想の中で、裸の檜山は心を激しく攻め立てている。

妄想だけではなく、実際にソープを訪れた檜山と心の会話も描かれた。檜山は勇気を出して温泉旅行を彼女に提案するが、その引き換えにねだられたのは、約90万円の超高級ベッドだった。それでも檜山は「じゃあプレゼントするよ!」と言ってしまい――。檜山が満面の笑みを浮かべる一方で、心の裏の顔が怖い。視聴者にとっては、いろいろな意味で心臓がドキドキさせられる回だったかも?

檜山役を演じるのは、お笑いコンビ・ラバーガールの飛永翼だ。第3話には相方である大水洋介もソープランドの店長役で登場している。ふたりは相方同士ということを踏まえて視聴すれば、ソープでの会話も一層味わい深いものになりそうだ。

激しく攻められたソープ嬢が「もっと会いにきてね」と甘えてきて......放送開始40秒で、いきなり濃厚ラブシーン。貢ぎ描写が怖い! でもこれだけの美人ソープ嬢ならハマるのも理解できる?>>

(文/原田美紗@HEW