中村倫也、フレッシュな16歳から暗黒期まで"ビジュ最高ショット"を公開 ファン「ひたすら拝みたい」

2021/8/30 18:40

俳優の中村倫也が不遇の時代や、役者人生のターニングポイントについて振り返った。所属事務所の養成所に入所した16歳の頃や、「暗黒期」だったという20代の頃の写真も公開され、ファンが「ひたすら拝みたい」と大喜びだ。

サムネイル
『日曜日の初耳学』出演の中村倫也


現在の前髪下ろしヘアスタイルの中村倫也はもちろん、16歳のフレッシュな頃や「暗黒期」の20代の姿も尊い......ブレイクへと導いたムロツヨシら名優とのエピソードを語った映像はコチラ>>

8月29日に放送された『日曜日の初耳学』(MBS・TBS系)で、中村がこれまでの役者人生を写真とともに振り返った。18歳のときに『7人の弔』で映画デビューした中村だが、当時の自分は「生意気だった」「世界の中心が自分」だったそう。映画デビュー2年目以降はオーディションにも受からず仕事が激減して、そんな時代を「暗黒期だった」と回想した。

負のスパイラルに陥っていた中村を救ってくれたのは、俳優・ムロツヨシだった。中村はムロのほかにも堤真一、古田新太、八嶋智人といった名優たちに支えられたそうで、彼らとのエピソードも語った。

中村の貴重なトークはもちろん、過去の写真の数々もファンを歓喜させた。Twitter上では「息をするのも忘れて見入ってしまった...常に写真のチョイスが新鮮」「これは何度も何度も見返したくなるやつ。大変良き(ビジュアル含)」「若かりし頃のお写真もいっぱい見れて幸せすぎた」「ともくんは偉大 ひたすら拝みたい」といった声が寄せられている。

現在の前髪下ろしヘアスタイルの中村倫也はもちろん、16歳のフレッシュな頃や「暗黒期」の20代の姿も尊い......ブレイクへと導いたムロツヨシら名優とのエピソードを語った映像はコチラ>>

(文/藤原利絵@HEW