元人気セクシー女優・西野翔が主演...エロティック・サスペンス映画『凶愛』を無料配信中

2021/8/31 18:00

DV(ドメスティック・バイオレンス)をテーマにした映画『凶愛』(2015年公開)を動画配信サービス「GYAO!」にて9月24日23時59分まで無料配信中。元・人気セクシー女優の西野翔が、激しい暴力シーンや大胆な濡(ぬ)れ場に体当たりで挑んだ作品だ。

サムネイル
映画『凶愛』


別れたはずのDV夫が突然家に押し入り、元妻を無理矢理犯し......元人気セクシー女優・西野翔が激しい暴力シーン&大胆濡れ場に挑んだ映画『凶愛』を無料配信中>>

主人公・真紀(西野翔)は、暴力を繰り返す夫・篠崎悟(千葉誠樹)と別れ、逃げるように海辺の町でスナックを営んでいた。そんなある日、真紀の店にかつて彼女の母親と情愛関係にあった男・橋本研二(並樹史朗)がやってくる――。映画『凶愛』は、深刻な社会問題であるDVを真正面から描いたエロティック・サスペンスだ。

12歳で母の情夫に関係を強いられ、成人してからは夫の暴力に苦しめられる真紀。そんな長年に渡ってDVの呪縛に苦しむヒロインを演じたのは、当時、大人気セクシー女優だった西野だ(2020年3月のリリースをもって引退)。西野は、恵比寿マスカッツのメンバーとしてアイドル活動も行い、「国民の人妻」の愛称で国外からも注目されてきた。そんな彼女が、本作では、女優として激しい暴力シーンや濡れ場を熱演した。特に、真紀が元夫から殴られ蹴られ、泣いて抵抗するも無理やりに犯されてしまうシーンの演技は、目を覆いたくなるほど生々しい。

DVの果てに自ら命を絶った母、幼い自分に対して劣情を抱いていた母の情夫、そして、別れてもなおストーカー行為を繰り返す元夫......。そんな悲しい運命から逃れられないヒロインの生きる世界は地獄のようだ。はたして、彼女が迎える結末に救いはあるのか?

サムネイル
映画『凶愛』


別れたはずのDV夫が突然家に押し入り、元妻を無理矢理犯し......元人気セクシー女優・西野翔が激しい暴力シーン&大胆濡れ場に挑んだ映画『凶愛』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW