商品棚はヒップホップ! KREVAが愛する「文房具店の世界」&朝イチがイイ「朝ラーメンの世界」/『マツコの知らない世界』

2021/8/31 17:30

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。8月31日(火)はKREVAが愛して止まない「文房具店の世界」とRONZIによる「朝ラーメンの世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』文房具店の世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■文房具店の世界/KREVA(週に1度は文房具店に行かないと気が済まないアーティスト)
中学生の頃にヒップホップに目覚め、ラッパー活動をスタートさせたKREVA。2004年からソロ活動を始め、今やラッパーとしてのみならずシンガーソングライター、音楽プロデューサーとしても第一線で活躍している。

7年ほど前、娘が小学校に入学するタイミングで行った文房具店で文房具愛が覚醒。今では週に1度は文房具店へと通い詰め、自分のフィーリングに合った文房具を探す日々を過ごしているという。番組ではKREVAが愛する文房具店へのこだわりを聞きながら、お気に入りの文房具を紹介している。さらにKREVA流、ペン選びのポイントも大公開。インクの汁気とジューシー度がペン選びで最も重要だとKREVAは言う。その微妙な違いにマツコも共鳴。文房具を通してKREVAの意外な一面が見えてくる。

サムネイル
『マツコの知らない世界』朝ラーメンの世界


■朝ラーメンの世界/RONZI(年間500杯食べて朝ラーにたどり着いたドラマー)
長引くコロナ禍で早朝から営業するラーメン店が増えている。いわゆる「朝ラーメン」=「朝ラー」が密かなブームになり、テレビやネットでも取り上げられることが多くなった。

今回、「朝ラーメンの世界」を語るのはハードコアパンクバンド「BRAHMAN」とアコースティックバンド「OAU」のドラマーRONZI。20代からツアーで全国を回り、打ち上げで飲み明かし、シメで深夜にラーメンを食べていたRONZIだが、たまたま高円寺で出会った朝ラーに感動してその道にハマったという。番組ではRONZI流朝ラーの楽しみ方と、なぜラーメンは朝がいいのかを語っている。

また、RONZIが選りすぐった朝ラーがスタジオに登場。朝限定のスープがマツコの舌をうならせる。さらに朝ラーの激アツ地域、静岡県藤枝市のラーメン店を紹介。客のほとんどが両方注文するという「温」と「冷」ラーメンをマツコが試す。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)