金縛りになる寝室、なぜか点滅する照明、謎のラップ音..."心霊ハウス"ロケ映像にスタジオ絶叫

2021/9/ 1 16:00

テレビ東京系『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』で、「お祓(はら)いをしたい」レベルで怪奇現象が多発するという女性の部屋を訪れた。謎のラップ音(?)や、仏壇のある和室で撮影した写真に写り込んだ謎のもやなど、カメラが衝撃的な映像を捉えている。

サムネイル
『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』


知らない人の仏壇が残ったままの和室で写真撮影をしたら、写ってはいけない「何か」が写っていた......。血痕らしき染みがあった壁や、なぜか点滅する照明、ラップ音などが怖すぎる"心霊ハウス"映像はコチラ>>

8月30日に放送された同番組でスタッフが声をかけたのは、東京の神田明神に「お祓いしてもらいたくて来た」という22歳のダンサー・しゅりさんだ。彼女いわく、1カ月前から住み始めた4LDKのマンションではたびたび怪奇現象が起きており、同居していた友人も「霊現象か何かで気がめいっちゃって出ていってしまった」という。

しゅりさんが「ラップ音がけっこう聞こえる」と語る通り、ロケ中も「パキパキッ」と謎の音が響き、VTRを見守っていたお笑いコンビ・おぎやはぎを震え上がらせた。その後も「窓際で寝ると金縛りになる」寝室や、知らない人の仏壇が残ったままの和室などが次々と公開されて、おぎやはぎは恐怖心でいっぱい。「いや~ヤベェよ!」「怖いよマジで」「ここにひとりって怖いな!」と大騒ぎだった。

取材から2カ月後に番組スタッフがしゅりさん宅を再訪したVTRも公開された。しゅりさんいわく、なぜか照明が点滅するなど「不可思議現象は全然あります」とのこと。しゅりさんが番組スタッフと共に仏壇があった和室で写真撮影をする一幕もあった。写真に写る番組スタッフの顔の左側には、謎のもやが写り込んでいた......! 実際の映像を見たら、背筋が凍りつくはずだ。

知らない人の仏壇が残ったままの和室で写真撮影をしたら、写ってはいけない「何か」が写っていた......。血痕らしき染みがあった壁や、なぜか点滅する照明、ラップ音などが怖すぎる"心霊ハウス"映像はコチラ>>

(文/藤原利絵@HEW