内田理央&おばたのお兄さんの"幸せ絶頂キス"...セフレ男女の同棲生活が切ない『来世ではちゃんとします2』第4話

2021/9/ 2 18:22

ドラマ『来世ではちゃんとします2』(テレビ東京系、毎週水曜深夜0時40分~)第4話で、セフレ同士を演じる内田理央とおばたのお兄さんのキスシーンが放送された。ベッドで肌を重ねるふたりはラブラブだったが、物語は悲しい結末を迎えてしまった。

サムネイル
『来世ではちゃんとします2』第4話


"性依存系女子"内田理央、"セフレ"おばたのお兄さんとキスを交わしてベッドでイチャイチャ......"魔性のタラシ"小関裕太とのオフィスラブなキス寸前シーンも見どころのドラマ『来世ではちゃんとします2』を無料配信中>>

2020年1月期に放送されたドラマの続編にあたる『来世ではちゃんとします2』は、いつまちゃんによる同名漫画が原作。"性依存系女子"な主人公・大森桃江(内田理央)をはじめ、恋愛と性をこじらせた男女を赤裸々に描いたラブコメディだ。9月1日に放送された第4話で、桃江はセフレのひとりであるEくん(おばたのお兄さん)に告白され、同棲(どうせい)生活を送ることになった。

Eくんは「付き合っても、俺は浮気するから」と宣言していたが、実際に同棲生活が始まってみると、他の女性との連絡を絶ち、桃江は彼と甘い生活を楽しんだ。「好きだよ」とキスを交わし、裸のままベッドでたわむれるふたりは、まさに幸せの絶頂にいた。しかし、そんな日常は長くは続かず、ある日Eくんは桃江の元を去ってしまう。Eくんからの最後のプレゼントである花束と手紙を見つけた桃江は、ひとり号泣するのだった。

第4話は、Eくんと別れて傷心の桃江が、"魔性のタラシ"な同僚・松田健(小関裕太)と急接近する展開もあった。桃江の妄想の中で、ふたりがデスクの下に隠れてキス寸前になるシーンはドキドキ! お互い性に奔放なふたりの関係性から目が離せない。

"性依存系女子"内田理央、"セフレ"おばたのお兄さんとキスを交わしてベッドでイチャイチャ......"魔性のタラシ"小関裕太とのオフィスラブなキス寸前シーンも見どころのドラマ『来世ではちゃんとします2』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW