唐田えりかが中川大志に"逆壁ドン"! クールビューティー役に惚れる映画『覚悟はいいかそこの女子。』

2021/9/ 6 17:15

唐田えりかがクールビューティーなヒロイン役を演じた映画『覚悟はいいかそこの女子。』(2018年)を動画配信サービス「GYAO!」にて9月28日23時59分まで無料配信中。唐田が主演の中川大志に「逆壁ドン」をくらわせており、冷たい目つきにむしろキュン!?

サムネイル
映画『覚悟はいいかそこの女子。』出演の中川大志・唐田えりか


唐田えりかの冷たい目つきにM心をくすぐられる!?  うっかり転んだ主人公(中川大志)に押し倒されたヒロインは、それでも顔色ひとつ変えず......。三角関係ラブコメ『覚悟はいいかそこの女子。』を無料配信中>>

同映画は、椎葉ナナによる同名漫画が原作。超絶イケメンの古谷斗和(中川大志)は、自分はモテると思い込んでいるが、実は恋愛経験ゼロの非リア充。それでも難攻不落のクールビューティー・三輪美苑(唐田えりか)に自信満々に告白するが、一瞬でフラレてしまう。現実を受け入れられない斗和は、美苑にアプローチを続けるが――。

「かっこいい」という意味では、唐田えりかが演じるヒロイン・美苑のほうが主人公・斗和より上かも? 斗和に「俺の彼女になってくんね?」と壁ドンされた美苑は、逆に彼に壁ドンし返して、「安っぽい告白」と冷たく吐き捨てるのだった。氷のような視線が恐ろしい......が、M心をくすぐられる人も多そう!? 

また、うっかり転んだ斗和に押し倒されるシーンでは、その体勢のまま、美苑は「私のこと、好き?」とたずねた。なんだか小悪魔的な魅力ただようセリフではあるが、「彼女がほしいだけじゃなくて?」という質問に斗和が答えられずにいると、美苑は「かっこわるい男」と毒づいた。

しかし、何度フラれようとも斗和は美苑にアタックし続ける。ナルシストでヘタレな斗和と、クールな美苑。そんなふたりのコミカルな掛け合いを見ていると、意外とベストカップルなような気もしてくる。しかし、美苑の視線の先にいるのは、美術教師の柾木隆次(小池徹平)で......!? 素直に応援したくなるキャラクターばかりだからこそ、彼らの恋模様に自然と引き込まれる。

唐田えりかの冷たい目つきにM心をくすぐられる!?  うっかり転んだ主人公(中川大志)に押し倒されたヒロインは、それでも顔色ひとつ変えず......。三角関係ラブコメ『覚悟はいいかそこの女子。』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW