亡き妹へ向けた後悔の涙...「なんであんなことをしたんだろう」「まだ夢にも出てくる」家族の本音が胸に刺さる

2021/9/ 8 18:50

テレビ東京系『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』に、次女が難病を患って1歳半で亡くなったという6人家族が登場。幼い娘を亡くした夫婦の心情や、11歳の長女が亡き妹を思って「なんであんなことをしたんだろう」と涙ながらに吐露する姿に胸を突かれる。

サムネイル
『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』


「お葬式のときだってみんな泣いてるのに私だけ......」6人家族の悲しい過去、妹大好き11歳長女が語った「後悔」に涙が止まらない。『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』を無料配信中>>

9月6日に放送された同番組では、東京・阿佐ヶ谷に住むゲームクリエイターのおがたさん一家の自宅を訪れた。おがたさんは、築50年の一軒家に妻のみきさんと4人の子どもたちと暮らしている。番組スタッフが「4人も元気なお子さんがいらっしゃってスゴイですね」とコメントすると、みきさんは「4人っていうか、本当は......」と口ごもった。

実はおがたさん夫婦は、6年前、次女のみおこちゃんを1歳半で亡くした過去があった。重い心臓病を患ったみおこちゃんには心臓移植しか助かる道がなく、おがたさん夫婦が寄付を募る活動を開始しようとした矢先にみおこちゃんは急死したという。夫婦は「もうちょっと早く何とかできたらよかったのかなっていまだに後悔しています」「まだ夢にも出てきますね」と涙ながらに語った。

夫婦だけでなく、11歳の長女・まみちゃんも後悔を抱えていた。まみちゃんは、かいがいしく妹の面倒を見ていたものの、当時はまだ幼く、妹の死を理解できずにいた。そのため、唇が変色したみおこちゃんに「気持ち悪い」と言ってしまったそう。まみちゃんは、その過去を振り返り、「なんであんなことしたんだろうって、今すごい嫌に思って......」と涙した。現在、妹たちに愛情たっぷりに接するまみちゃんの姿に感動するはずだ。

「お葬式のときだってみんな泣いてるのに私だけ......」6人家族の悲しい過去、妹大好き11歳長女が語った「後悔」に涙が止まらない。『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW