デートレイプの加害者/被害者になったカップルは...映画『ゆるせない、逢いたい』を無料配信中

2021/9/13 18:15

吉倉あおいと柳楽優弥がカップル役を演じた映画『ゆるせない、逢いたい』(2013年)を動画配信サービス「GYAO!」にて9月19日23時59分まで無料配信中。10代のみずみずしい恋模様に「デートレイプ」というセンセーショナルな題材を織り込んだ作品だ。

サムネイル
映画『ゆるせない、逢いたい』


デートレイプの加害者/被害者の関係になったカップル。ふたりが対面し、それぞれの想いを語り合うラスト20分の展開に引き込まれる。映画『ゆるせない、逢いたい』を無料配信中>>

デートレイプとは、恋人同士や顔見知りの関係で無理強いされた性交渉のことだ。『ゆるせない、逢いたい』に登場するはつ実(吉倉あおい)と隆太郎(柳楽優弥)は、幸福なカップルのはずだった。しかし、あることをきっかけにすれ違いが生じ、嫌われたと思い込んだ隆太郎は、勢いに任せてはつ実を襲ってしまう――。

本作は、隆太郎の行為を肯定するようなことはしない。むしろ、はつ実が心と体に負った傷を生々しく描き出す。つまり、「途中で"いざこざ"はあったが、それでも愛し合うふたり」をロマンチックに描くための道具としてデートレイプを扱っているわけではないのだ。だからこそ、はつ実の「ゆるせない」絶対的な気持ちと、ほんのわずかに残っている「逢いたい」気持ちとの葛藤が生々しく胸に迫る。苦悩の末にはつ実が下す決断とは......?

はつ実役の吉倉あおいにとって、本作が初主演だった。演技の経験はまだ浅いにもかかわらず、デートレイプの被害者という難役を体当たりで演じた。また、隆太郎役の柳楽優弥の熱演にも引き込まれる。隆太郎はけっして粗暴な人間ではない。そんな平凡な青年が愛する人を傷つけてしまった事実に苦しむ様子を繊細に表現している。はつ実と隆太郎が対面し、それぞれの思いを語り合うラスト20分間の展開は、鑑賞後もずっと心に残り続けるものだ。

サムネイル
映画『ゆるせない、逢いたい』


サムネイル
映画『ゆるせない、逢いたい』


デートレイプの加害者/被害者の関係になったカップル。ふたりが対面し、それぞれの想いを語り合うラスト20分の展開に引き込まれる。映画『ゆるせない、逢いたい』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW