純度100%の"仲直りラブシーン"はガン見必至! 浴衣イケメン(A.B.C-Z橋本良亮)のキスに昇天寸前な『痴情の接吻』第8話

2021/9/13 18:47

ドラマ『痴情の接吻』(ABCテレビ、毎週日曜23時25分~/テレビ朝日、毎週土曜深夜2時30分~)第8話で、橋本良亮(A.B.C-Z)と中村ゆりかが美しいラブシーンを演じた。浴衣を脱ぎ、裸でキスを交わすふたりに視聴者が「今までで一番美しい絡み」と歓喜している。

サムネイル
『痴情の接吻』第8話 偏愛彼氏に異変?「触れられないとおかしくなる」


ツンデレ彼女(中村ゆりか)が嫉妬深い彼氏(橋本良亮)に浴衣を優しく脱がされ、濃厚なキスを交わし......ふたりの浴衣姿のキスシーンも眼福なドラマ『痴情の接吻』を無料配信中>>

同ドラマは、恋愛コミック誌『プチコミック』(小学館)にて連載中の如月ひいろによる同名コミックが原作。ドイツ帰りのハイスペック男子・上条忍(橋本良亮)と、読書が生きがいのツンデレ女子・柏木和華(中村ゆりか)が突然同居することになるラブストーリーだ。

9月12日に放送(テレビ朝日は9月11日に放送)された第8話では、和華の勤め先である図書館で毎年恒例の古本市が行われることになった。和華が浴衣姿で接客すると知った忍は、彼女をライバルの岳(井上祐貴)に独り占めされる想像で頭がいっぱいに。しかも、和華への執着心を岳に指摘されてしまい、忍は彼女との日頃の距離感を改めることにした。

「和華に触れてしまったら、歯止めがきかずに暴走してしまう」「ずっと、触れてたくて。今も本当は触れたくてたまらないけど、触れたら......」と、忍はずっと悩んでいた。忍に距離を置かれて不安を感じていた和華は、彼の本音を聞いて安心し、「そんなことで悩んでいたの?」とキスを交わした。その後、浴衣姿のふたりは部屋へと戻り、「仲直り」と言わんばかりに肌を重ねるのだった。和華が忍に浴衣を脱がされる姿や、ふたりが裸でキスを交わすシーンがなんとも官能的だ。

橋本良亮と中村ゆりかの美しい浴衣姿やラブシーンに、視聴者は大喜びの様子。Twitter上では「美しいふたりを思い出して、いろいろドキドキして眠れない」「今までで一番美しい絡みだったかも」「浴衣姿のおふたりが美! 福眼」「自担のキスシーンは何回見ても最高だなぁ ずっとキスしててほしい」といった声で盛り上がっている。

ツンデレ彼女(中村ゆりか)が嫉妬深い彼氏(橋本良亮)に浴衣を優しく脱がされ、濃厚なキスを交わし......ふたりの浴衣姿のキスシーンも眼福なドラマ『痴情の接吻』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW