中島健人&小芝風花、玄関で"腰砕け"濃厚キス...視聴者「人生一鼻の下伸ばした」/『彼女はキレイだった』最終回

2021/9/15 17:00

ドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21時~)最終回で、Sexy Zoneの中島健人と小芝風花が濃厚なキスシーンを演じた。中島との激しいキスに小芝が腰を抜かす描写もあり、視聴者が「くぅー! ごちそうさまです!」と盛り上がっている。

サムネイル
『彼女はキレイだった』最終回


ケンティーの「帰らなきゃ、ダメ?」が最高すぎセクシーサンキュー! 玄関で繰り広げた小芝風花との"腰砕け"濃厚キスや追い打ちキスが鼻血モノなドラマ『彼女はキレイだった』を無料配信中>>

同ドラマは、韓国のヒットドラマの日本リメイク版。いじめられっ子からイケメンエリートに成長した長谷部宗介(中島健人)と、スーパー美少女から無職の残念女子へと成長した佐藤愛(小芝風花)が再会するラブコメディだ。すれ違いの末にようやく恋人同士になったふたりだが、9月14日に放送された最終回で、宗介はニューヨークに戻ることになり、愛は絵本作家の夢を追うことになった。

進む道は違えど互いに好きな気持ちは変わらず、ふたりは指輪を用意して将来の結婚を誓いあった。プロポーズも感動的だが、視聴者の注目が特に集まったのは、愛が宗介の部屋を去った後、再び玄関に戻ってきたシーンだ。愛は照れ隠しで家事を理由に帰ったものの、すぐに戻ってきて「よく考えたら洗濯は別に明日でもいいし......」と言い訳し始めた。そんな彼女を宗介は玄関に引き入れてキスを交わす......。あまりに激しいキスに、愛は息が上がって腰が抜けてしまうが、ふたりはそのまま何度も唇を重ねた。

中島健人と小芝風花が玄関で繰り広げた20秒超のキスシーンに、視聴者は大騒ぎ。Twitter上では「人生一鼻の下伸ばしていました」「くぅー! ごちそうさまです!」「衝撃の20秒」「宗介のキスで私も腰砕けるとこだった」「濃厚キスで腰抜けちゃった愛に構わずまたキス続ける宗介たまらんな......」といった声が寄せられている。

ケンティーの「帰らなきゃ、ダメ?」が最高すぎセクシーサンキュー! 玄関で繰り広げた小芝風花との"腰砕け"濃厚キスや追い打ちキスが鼻血モノなドラマ『彼女はキレイだった』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW