黒髪ジェジュンに泣かされるなら本望? 12年前の初々しいキスシーンがリピ必至な映画『天国への郵便配達人』

2021/9/16 18:25

韓国出身の歌手で俳優のジェジュンが初主演を務めた映画『天国への郵便配達人』(2009年)を動画配信サービス「GYAO!」にて10月11日23時59分まで無料配信中。当時20代前半のジェジュンが黒髪で初々しいキスシーンを演じた感動ラブストーリーだ。

サムネイル
映画『天国への郵便配達人』


当時20代前半のジェジュンに「キスしたい」と見つめられたら心臓が持たない......黒髪&メガネ姿が天使そのもの! 涙、涙、涙の恋愛ファンタジー映画『天国への郵便配達人』を無料配信中>>

映画『天国への郵便配達人』は、日本の脚本家と韓国の監督や俳優がタッグを組んだ、日韓共同プロジェクトによる作品だ。脚本を務めたのは、「恋愛ドラマの神様」と名高い北川悦吏子。韓国では2009年に劇場で公開されて大ヒットを記録し、2010年には日本でも地上波で放送されて話題となった。

母親を7年前に亡くしたハナ(ハン・ヒョジュ)は、野原にポツンと立つ郵便ポストの前で「天国に手紙を届ける郵便配達人」と名乗るジェジュン(ジェジュン)と出会う。彼から「愛する人に先立たれた人を助ける仕事をしないか」と誘われたハナは、次第にジェジュンの優しさに惹(ひ)かれていく――。

公開当時のジェジュンは20代前半。若干の少年らしさを残した黒髪のビジュアルは、映画を視聴したファンを「ヒロイン泣かせの美貌すぎた」「透き通るように美しい。神々しさすら感じる」と歓喜させた。なおジェジュンは、ヒロイン役を演じたハン・ヒョジュとのキスシーンも披露している。広い野原で涙するヒョジュに「キスしたい」と見つめる真剣なまなざしや、そっと触れるだけの優しいキスが美しい。

ジェジュンとハナは手紙の配達を通して心を通わせていくが、ある出来事をきっかけに大ゲンカになり、会わなくなってしまう。しばらくたってから、ハナはジェジュンの手紙で彼の本当の正体を知るが......。ジェジュンの衝撃の正体とふたりの恋の結末に、きっと涙するだろう。

当時20代前半のジェジュンに「キスしたい」と見つめられたら心臓が持たない......黒髪&メガネ姿が天使そのもの! 涙、涙、涙の恋愛ファンタジー映画『天国への郵便配達人』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/19 デイリーランキング