貧乏青年が金持ち女に性欲と暴力で狂わされ...絶望的ラストが脳裏に焼き付く日活ロマンポルノ映画『狂った果実』

2021/9/17 18:23

日活ロマンポルノ映画『狂った果実』(1981年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて9月23日23時59分まで無料配信中。貧乏な青年が金持ちの美女に翻弄(ほんろう)され、性欲と暴力によって人生を破滅させていく衝撃作だ。

サムネイル
映画『狂った果実』


貧乏青年が性に奔放な金持ち娘に「好きだからいじめたい」と迫られ......アリスの名曲がやるせない気持ちを加速させるバイオレンス×ポルノ映画『狂った果実』を無料配信中>>

日活ロマンポルノとは、1971年~88年の間に製作・公開された、日活による成人映画レーベルのこと。「10分に1回、"絡み"のシーンを作る」「上映時間は70分程度」といった一定のルールさえ守れば比較的自由に作品づくりができる環境によって、個性的な役者やスタッフを次々と輩出した。

昼はガソリンスタンド、夜はぼったくりのピンサロで働く佐川哲夫(本間優二)は、性に奔放な富豪令嬢の森千加(蜷川有紀)と出会う。ふたりはいつしか愛し合うが、哲夫は日に日に千加とのさまざまな格差に憎悪の念を抱くようになる――。

哲夫と千加は経済力や教養、性経験と、全てにおいて差がある。そんなふたりの初体験の場所はどしゃ降りの雨が降る路地裏で、その後も互いをむさぼるように肌を重ね続けるのだった。千加は哲夫を色仕掛けするだけでなく、「好きだからいじめたい」という理由で自身の養父兼愛人や男友達を引き合わせ、精神的にも彼を追い詰めていく。哲夫が己の惨めさに疲弊していく姿や、理性を失って惨劇を起こしてしまうラストシーンが痛々しい。

なお、映画『狂った果実』は、伝説的フォークグループ・アリスの同名ヒット曲がモチーフとなっている。映画のエンディングでは同楽曲がBGMで流れており、若者の焦燥感を歌った歌詞と相まって、主人公・哲夫の哀愁をより感じるだろう。

サムネイル
映画『狂った果実』


貧乏青年が性に奔放な金持ち娘に「好きだからいじめたい」と迫られ......アリスの名曲がやるせない気持ちを加速させるバイオレンス×ポルノ映画『狂った果実』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/19 デイリーランキング