"ブキミ長髪"田中圭VS"インジ語使い"ぺこぱ松陰寺...『THE突破ファイル』警察ドラマにファン「クセ強すぎ!」

2021/10/ 1 17:20

俳優の田中圭が主演するHuluで配信中のドラマ『死神さん』と日本テレビ系『THE突破ファイル』のコラボが実現。挙動不審なクセモノ刑事役を演じる田中と、独特な口調の警官役を演じるお笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇の対面シーンにクスッとさせられる。

サムネイル
『THE突破ファイル』田中圭初参戦!突破交番&劇的!おいこが(秘)狭小住宅


「見るからにファやしい(怪しい)やつだ!」「怪しさで言えば、あなたもそれなりかと」......言動が怪しい刑事"ブキミ長髪キャラ"田中圭と"インジ語使い"ぺこぱ松陰寺はいいコンビ? 『THE突破ファイル』を無料配信中>>

『THE突破ファイル』の人気コーナー「突破交番」は、現実に起きた"突破劇"を再現ドラマで紹介するもの。9月30日に放送された同番組には、田中がドラマ『死神さん』に登場する孤高のクセモノ刑事・儀藤堅忍役で出演し、突破交番のメンバーと共に連続爆破事件の真相に迫った。

田中演じる儀藤は、長髪に帽子、ロングコートに身を包んだビジュアルで、猫背気味に歩く姿やボソボソとしゃべる姿が不気味な人物だ。気配もなく突然現れた儀藤に、突破交番のメンバーは「なんだおまえ!」と激しく驚いた。「死神」の異名を持つ儀藤に真っ先に突っかかっていったのは、松陰寺演じる巡査だ。

松陰寺巡査は「見るからにファやしい(怪しい)やつだ!」と言うが、儀藤は「怪しさで言えば、あなたもそれなりかと」と反論。それに対し松陰寺は「あんたの警察ごっこに付き合うほどフォれ(俺)たちゃフィま(暇)じゃねぇんだ」「なんだその警察官らしからぬファだ名(あだ名)は」など、おなじみの独特の言い回しを披露した。また、合同捜査では松陰寺巡査の「ファかファかフォねがフォれるファ業だな(なかなか骨が折れる作業だな)」というセリフを受けて、儀藤が「彼はなんと?」と女性警官にたずねる姿が笑いを誘う......。

田中と松陰寺のユニークな演技はもちろん、クオリティの高い再現ドラマの内容は視聴者に好評だ。Twitter上では「突破交番で死神刑事と絡む松陰寺巡査、クセ強い者同士で楽しかった。また見たい絡み」「確かに松陰寺さんも滑稽で怪しいw」「いつもの爽やか圭くんと全然イメージが違うけど素敵」「バラエティとは思えぬクオリティ」といった声が寄せられている。

「見るからにファやしい(怪しい)やつだ!」「怪しさで言えば、あなたもそれなりかと」......言動が怪しい刑事"ブキミ長髪キャラ"田中圭と"インジ語使い"ぺこぱ松陰寺はいいコンビ? 『THE突破ファイル』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/19 デイリーランキング