"幸薄バブみボケ"荒牧慶彦&"最強タラシツッコミ"和田雅成...崖っぷち芸人コンビ役を推さざるを得ないドラマ『カミシモ』

2021/10/ 7 17:15

ドラマ『あいつが上手で下手が僕で』(日本テレビ系、毎週水曜24時59分~)が10月6日深夜より放送スタート。2.5次元俳優の荒牧慶彦と和田雅成が演じる芸人同士がコンビを組むシーンがファンを「激エモ」と大喜びさせた。

サムネイル
『あいつが上手で下手が僕で』第1話


島流しに遭って、たそがれる荒牧慶彦も「おまえみたいなヤツをずっと待っていた」と口説く和田雅成もどっちも尊い! フリップボードの激エモ会話シーンを何度も見たいドラマ『あいつが上手で下手が僕で』を無料配信中>>

同ドラマは、リストラ寸前の芸人が集うお笑いライブハウス「湘南劇場」が舞台の青春群像劇。あるきっかけで湘南劇場に"島流し"されたピン芸人の時浦可偉(荒牧慶彦)は、相方を失った島世紀(和田雅成)と出会う――。第1話では、時浦と島がお笑いコンビ「エクソダス」を結成するまでが描かれた。

本作がドラマ初主演の荒牧慶彦が演じるのは、ボケ担当の時浦可偉役。「財布を盗んだ」という濡(ぬ)れ衣を着せられてしまい、芸人仲間から不遇な扱いを受ける役どころだ。一方の和田雅成が演じるのは、時浦とコンビを組むことになるツッコミ担当の島世紀役。誰彼問わずコンビを組もうと誘い、「おまえみたいなヤツをずっと待っていた」と時浦を口説く姿がチャラい。

初めは軽いノリの島にイラつく時浦だったが、湘南劇場で起きた盗難事件をきっかけに、彼と自分が秘めるお笑いの可能性に気づく。「盗みを笑いに変えられる。コイツとなら、僕はここを出られるかもしれない」と確信した時浦が島とコンビを組むことを決心する姿や、ふたりの思いが通じたフリップボードの会話劇が印象的だ。

ふたりの役どころはもちろん、コンビ結成のシーンにファンは大興奮。Twitter上では「時浦と島の息ピッタリで、これは組むしかない!! 劇場通う!」「商売道具のスケブで返事とか激エモ」「何度見てもエクソダスのイチャイチャ劇場(笑)楽しい~」「時浦がかわいすぎていかん」「チャラ島好きすぎてツラい あの髪型にサングラスはズルい」といった声で盛り上がっている。

島流しに遭って、たそがれる荒牧慶彦も「おまえみたいなヤツをずっと待っていた」と口説く和田雅成もどっちも尊い! フリップボードの激エモ会話シーンを何度も見たいドラマ『あいつが上手で下手が僕で』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/19 デイリーランキング