星野源、坂井真紀と過激ラブシーン熱演! "奥手年下くん"役がたまらん映画『ノン子36歳(家事手伝い)』

2021/10/ 8 18:05

映画『ノン子36歳(家事手伝い)』(2008年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて10月17日23時59分まで無料配信中。坂井真紀がバツイチで田舎に出戻ったヒロイン役、星野源が奥手な青年役を演じ、ふたりが生々しいラブシーンを披露している。

サムネイル
映画『ノン子36歳(家事手伝い)』


世間知らずな奥手青年(星野源)がバツイチ出戻り三十路半ヒロイン(坂井真紀)と夢中で肌を重ね......濃厚ラブシーンから血まみれチェンソーシーンまで星野源に驚かされっぱなしな映画『ノン子36歳(家事手伝い)』を無料配信中>>

バツイチで出戻った三十路半ばのノン子(坂井真紀)は、実家の神社で家事手伝いをしている。東京で芸能活動をするも鳴かず飛ばず、マネジャーと結婚しても即離婚、セックスだっていつしたかもう覚えていない。無気力な日々を過ごすノン子は、世間知らずだが真っすぐな心を持ったマサル(星野源)と出会い、閉ざしていた心と体を彼に開いていく――。

公開当時20代後半だった星野源が演じたのは、ヒロインのノン子に好意を寄せる青年・マサル役。神社の祭りでヒヨコを売ってひとやま当てようと夢見ており、何かと世間知らずだが、ひたすらいちずにノン子を思う年下男子だ。一方、坂井真紀演じるノン子は、別れた夫と再び体を重ねた挙げ句に「誰でもいいからキスがしたい」とマサルに迫る身勝手なところがある。そんなふたりは、ノン子が暮らす狭い実家で衝動的に情事に及ぶ。ノン子にリードされながらマサルは裸になって夢中でキスを交わしており、肌をぶつけ合う音が生々しい。

ノン子とマサル、どちらも短所を抱えた人間だ。見ていて正直イライラさせられるが、その怒りは自分も彼女たちに共通するダメさを抱えているからこそ湧く感情ではないだろうか。ふたりの関係性は、「ノン子みたいな人いる!」「自分は昔、マサルみたいだったな......」と思わせるリアリティがある。

しかし、良くも悪くも「無害な男」だったはずのマサルは、あるきっかけで怒り狂い、祭りの会場でチェンソーを振り回す。めちゃくちゃになった屋台を後にして、マサルはノン子と逃避行を始めるが......。ふたりの恋のまさかの結末も含め、鑑賞後は自分の恋愛遍歴を振り返りたくなる作品だ。

サムネイル
映画『ノン子36歳(家事手伝い)』


サムネイル
映画『ノン子36歳(家事手伝い)』


世間知らずな奥手青年(星野源)がバツイチ出戻り三十路半ヒロイン(坂井真紀)と夢中で肌を重ね......濃厚ラブシーンから血まみれチェンソーシーンまで星野源に驚かされっぱなしな映画『ノン子36歳(家事手伝い)』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/19 デイリーランキング