初回から『あな番』的ホラー展開!? 衝撃ラスト1分の"死体プレゼント"に視聴者「夢に出てきそう」/『真犯人フラグ』

2021/10/11 17:40

ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系、毎週日曜22時30分~)が10月10日より放送スタート。大ヒットドラマ『あなたの番です』(同局系、以下『あな番』)の制作スタッフが手がけた作品で、初回から衝撃展開で視聴者を恐怖させた。

サムネイル
『真犯人フラグ』第1話


「お探しのものです」という意味深長なメッセージとともに届いたダンボール箱を開けると、そこには失踪中の息子の腕が!? ハラハラ&考察しがいがあるドラマ『真犯人フラグ』を無料配信中>>

『真犯人フラグ』は、秋元康が企画・原案を務める"ノンストップ考察ミステリー"。2019年に放送された『あなたの番です』スタッフが再集結して制作されている。妻の真帆(宮沢りえ)と子どもたちの失踪をきっかけに、ごく普通の真面目なサラリーマンである相良凌介(西島秀俊)が日本中の注目を浴びる"疑惑の男"になるストーリーだ。

第1話では、幸せな日々を過ごす相良家で妻とふたりの子どもが突然失踪するまでが描かれた。いつまでたっても帰ってこない家族を心配した凌介は、週刊誌編集長の友人に相談し、情報を集めることにした。「記事にすれば注目されるかも」という編集長の目論見通り、世間は相良家に目を向け、凌介に同情の声が集まった。しかし、家族の失踪当日に凌介が友人たちと酒を飲んでいたこともネット上で広まり、いつのまにか彼に疑惑の目が集まっていった。

終始不穏な空気に包まれているドラマだが、謎の段ボール箱が届くクライマックスには多くの視聴者が衝撃を受けたことだろう。心当たりが全くない凌介は、不審に思いながらも部下が見守る中、恐る恐る箱を開封した。中には「お探しのものです」というメッセージと共に、失踪中の息子のものらしき腕が入っていた。

さすが『あな番』スタッフが制作しているだけあって、『真犯人フラグ』も衝撃展開での幕開けとなった。Twitter上では「1話目からこれだもんな(冷凍死体)。あな番のときのハム工場の首吊り死体を思い出した」「あな番の恐怖再び」「寝る前にひとりで見るもんじゃなかった。夢に出てきそう」「いきなり死んじゃうの!? 怖い怖い怖い」といった声が寄せられている。

「お探しのものです」という意味深長なメッセージとともに届いたダンボール箱を開けると、そこには失踪中の息子の腕が!? ハラハラ&考察しがいがあるドラマ『真犯人フラグ』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/19 デイリーランキング