岩下志麻、夏木マリら大物女優のラブシーン...刑務所を舞台にした男女の愛憎劇『北の螢』を無料配信中

2021/10/12 18:03

映画『北の螢』(1984年)を動画配信サービス「GYAO!」にて10月21日23時59分まで無料配信中。北海道の刑務所を舞台に男女の愛憎を描いた本作では、岩下志麻や夏木マリたちが大胆なラブシーンを演じている。

サムネイル
映画『北の螢』


芸者のゆう(岩下志麻)は、囚人となった愛する男を救う交換条件に、国の役人と肌を重ね......若き日の岩下志麻、夏木マリら大物女優がラブシーンを演じた映画『北の螢』を無料配信中>>

明治初期の北海道では、強制労働を強いられた囚人たちによって開拓が進められていた。彼らは、政治犯や殺人犯など、いずれも10年以上の重刑を宣告された者たちばかり。そんな凶悪犯が収容されている樺戸集治監(刑務所)では、「鬼の典獄(刑務所長)」の異名を持つ月潟(仲代達矢)が采配を振るっていた――。

本作で、岩下志麻は囚人を追ってきた芸者・ゆう役、夏木マリは刑務所長・月潟がひいきにしている料理店のおかみ・すま役を演じ、それぞれ濡(ぬ)れ場も披露している。中でも、岩下演じるゆうが、囚人を解放してもらう交換条件として役人と肌を重ねるシーンが印象的だ。男と女の泥沼の愛憎が描かれる本作は、官能的なシーンに加え、血で血を洗う抗争シーンなど、刺激的な展開で目を楽しませてくれる。

なお、『北の螢』は、『極道の妻たち』『吉原炎上』などで知られる巨匠・五社英雄(1992年逝去)がメガホンを取り、スーパーバイザーとして作詞家の阿久悠(2007年逝去)が初めて劇映画の製作に参加した。阿久が作詞を担当した、森進一が歌う主題歌『北の螢』にも注目だ。

サムネイル
映画『北の螢』


芸者のゆう(岩下志麻)は、囚人となった愛する男を救う交換条件に、国の役人と肌を重ね......若き日の岩下志麻、夏木マリら大物女優がラブシーンを演じた映画『北の螢』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

10/19 デイリーランキング