「競艇場のモーター音は子守唄」「そもそも負けてない」...ギャンブラーなら100%刺さる(!?)空気階段インタビュー映像

2021/10/15 18:03

ギャンブル好きで550万円もの借金を抱えるお笑いコンビ・空気階段の鈴木もぐらが、同じギャンブラーにインタビューを敢行。「競艇場のモーター音は子守唄」「そもそも負けてない」など、鈴木も含むギャンブラーたちから名言が続出した。

サムネイル
『空気階段の空気観察』ギャンブルに負けた直後の空気


「負け金は寄付」「負けた方が面白い」「競艇場での獲得金は競艇場に返す」......ギャンブラーなら共感間違いなし? 空気階段の爆笑「負けギャンブラーインタビュー」映像はコチラ>>

10月13日深夜に放送された空気階段の冠番組『空気階段の空気観察』(テレビ朝日系)では、鈴木が相方の水川かたまりと都内のボートレース場を訪れた。会場の近くにいる「負けギャンブラー」たちに鈴木がインタビューし、彼らが「負けてもなぜまたギャンブルに行くのか」を調査することになった。

調査内容について、ギャンブルで借金を抱える鈴木は「そもそも負けてないんですよね」と指摘した。「戦いの途中で逃げるわけにはいかないんで」と、自身がギャンブルをやめない理由を明かした。また、ボートレースの音についても「子守唄ですね、我々おじさんにとっての」「クラシックです」などと独特の表現をし、終始スタッフの笑いを誘った。

インタビュー前から鈴木がいくつも名言を発したが、道行く負けギャンブラーたちもすごかった。ギャンブルで負けた金額が家1軒分にもなるという69歳の男性は、ギャンブルを続ける理由について「競艇場で獲ったの(=金)は競艇場に返す」と持論を展開し、「負けた方がね、やっぱり面白いんだよ」と語った。これには、水川が「そんなわけなくないですか?」と苦笑い。男性の「先輩からだったら借金してもOK」といった言葉にも「良かねぇだろ」「借金だよ」などとツッコミが止まらなかった。

ギャンブラーたちの名言(?)の数々に、Twitter上では「ギャンブルはたまに勝つからいけないのは大変わかる」「先輩なら借金してもいいw」「なるほどねぇ~深いッ」「ギャンブラーの常識、セーフの基準、感覚がぶっ飛んでる(笑)」といった声が寄せられている。

「負け金は寄付」「負けた方が面白い」「競艇場での獲得金は競艇場に返す」......ギャンブラーなら共感間違いなし? 空気階段の爆笑「負けギャンブラーインタビュー」映像はコチラ>>

(文/藤原利絵@HEW