「ボーッとしてたらチューされんぞ」...成宮寛貴&成海璃子の"海辺キス"に心臓ギュンなドラマ版『ハチミツとクローバー』

2021/10/22 18:25

『ハチクロ』の愛称で知られる人気漫画『ハチミツとクローバー』の実写ドラマ版を動画配信サービス「GYAO!」にて無料配信中。美大生たちの青春を描いた同ドラマは、成宮寛貴(2016年に芸能界引退)が成海璃子に不意打ちでキスするシーンにキュンとさせられる。

サムネイル
『ハチミツとクローバー』第2話より


「大学一の変人」役・成宮寛貴が「天才美大生」役・成海璃子に海辺でキス......「こんな大学生活にあこがれる!」と思わずにいられないドラマ『ハチミツとクローバー』を無料配信中>>

2008年1月期にフジテレビ系で放送された『ハチミツとクローバー』は、漫画家・羽海野チカの同名コミックが原作。天才的な美術の才能をもつ花本はぐみ(成海璃子)や芸術家肌の森田忍(成宮寛貴)、突出した才能がないことに悩む竹本祐太(生田斗真)ら男女5人の美大生たちが繰り広げる青春ラブストーリーだ。

配信中のエピソードの中でも、第2話で夜の海をバックに森田がはぐみに突然キスするシーンは印象的だ。「大学一の変人」と呼ばれ、何かとはぐみにちょっかいを出していた森田が、彼女の笑顔に心を奪われて不意打ちでキスをするのだ。「東京じゃ、ボーッとしてたらチューされんぞ」と笑う森田に、はぐみはぼうぜんとするだけ。破天荒キャラな森田の予測不可能な行動には、はぐみだけでなく視聴者も動揺させられてしまう!?

一方で、その様子を目撃してしまった竹本の姿は見ていてつらい。彼ははぐみに思いを寄せているのだ。『ハチミツとクローバー』は、登場する美大生5人の片思いと、青春時代に誰もが経験するであろう恋愛や進路、友情に対する葛藤を描いたストーリーが胸に刺さる。彼らの成長を最後まで見届けたくなるはずだ。

「大学一の変人」役・成宮寛貴が「天才美大生」役・成海璃子に海辺でキス......「こんな大学生活にあこがれる!」と思わずにいられないドラマ『ハチミツとクローバー』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW