がん再発、余命半年の父に「花火を見せたい」...『探偵!ナイトスクープ』感動の家族サプライズに視聴者「涙でぐちゃぐちゃ」

2021/10/25 16:50

10月22日に放送された朝日放送テレビ『探偵!ナイトスクープ』に「余命宣告を受けた父のために花火を見せたい」という依頼が寄せられた。番組と依頼者家族が協力して実現したサプライズに、視聴者から「ボロ泣きした」「涙でぐちゃぐちゃ」といった声が続出している。

サムネイル
『探偵!ナイトスクープ』余命宣告を受けた父に花火を


「これが最後になるかもしれないけど」「お父さんにすてきな記憶を残してあげたい」......余命半年の父の夢を叶(かな)えた家族の花火サプライズ、母の告白、父のGOODサインが胸を打つ『探偵!ナイトスクープ』感動回を無料配信中>>

依頼者である京都府在住の亀井千尋さんの父・昭浩さんは現在60歳。5年前に患ったすい臓がんが再発し、今年1月に余命半年と宣告された。昭浩さんは家族を喜ばせるために広島旅行を計画していたが、コロナ禍のため目当ての花火大会が中止になったという。その後、昭浩さんは脳梗塞になり、現在は会話もままならない状況だそうだ。「今まで家族のために働き、たくさんの思い出を作ってくれた父に花火を見てもらいたい」という依頼内容を読み上げる増田紗織アナウンサーは、すでに涙声だった。

さっそく依頼者のもとへ向かったお笑いコンビ・ハライチの澤部佑は、昭浩さんが入院する病院の医師に了承を得たほか、花火師の協力によって奇跡的に打ち上げ場所も確保できた。打ち上げ本番では、2分間に75発もの花火が夜空に咲き乱れ、昭浩さんが好きな赤色の花火もたくさん打ち上げられた。依頼者家族は感動で涙し、昭浩さんも言葉は発することができなくとも瞳を輝かせて家族と花火を楽しんだ。中でも、昭浩さんの妻・一江さんが発した「大好きですよ。お父さん、ありがとう」という言葉が涙を誘う......。

夫婦愛や家族愛が結実した打ち上げ花火に、多くの視聴者が心を打たれたようだ。Twitter上では「ボロ泣きした」「涙でぐちゃぐちゃ」「奥さんの『大好きですよ。お父さん』のひと言で涙腺崩壊した」「お父さん、あのあたたかい家族と少しでも長く幸せな時間を過ごして欲しいな」といった声が寄せられている。

「これが最後になるかもしれないけど」「お父さんにすてきな記憶を残してあげたい」......余命半年の父の夢を叶(かな)えた家族の花火サプライズ、母の告白、父のGOODサインが胸を打つ『探偵!ナイトスクープ』感動回を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW