"色気マシマシ刑事"松下洸平に守られる世界はどこ? 方言ポロリが"胸キュン罪"案件な『最愛』第2話

2021/10/26 17:50

ドラマ『最愛』(TBS系、毎週金曜22時~)で、松下洸平演じる刑事・大輝のふとした瞬間に出た方言がファンに好評だ。ヒロイン(吉高由里子)の危機にさっそうと駆けつけ、昔の関係を取り戻しつつある大輝は、10月29日放送予定の第3話でも彼女を信じて守るのか?

サムネイル
『最愛』第3話より


"爆イケ刑事"松下洸平、吉高由里子を抱き寄せ......その色気と爽やか笑顔は最高すぎ逮捕! 松下の方言を何度も聴きたいドラマ『最愛』を無料配信中>>

同ドラマは、『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』のスタッフが再集結したサスペンス・ラブストーリー。殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高由里子)と、梨央の初恋相手で刑事の宮崎大輝(松下洸平)、梨央を支える弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)らを中心に、15年前の失踪事件と現在の連続殺人事件をつなぐ謎が描かれる。

岐阜県で過ごした学生時代、互いに思い合っていた梨央と大輝は、15年の時を経て刑事と殺人事件の容疑者という最悪の形で再会を果たした。取り調べ中はふたりとも私情を交えず互いの腹の内を探り合っていたが、ある出来事をきっかけに少しだけ距離が縮まった。

梨央と大輝の距離が再び縮まったのは、10月22日に放送された第2話のラストシーンがきっかけだ。夜道を歩いていた梨央は後ろからきた車に轢(ひ)かれそうになるが、駆けつけた大輝によって助けられた。その際、梨央が食べていたスイーツのクリームが大輝のシャツにベッタリついてしまうハプニングもあった。「なんで物食いながら夜中に歩いとるんやさ?」と言う大輝に、梨央は「家帰って食べようと思って買っただけ。甘いもん欲しくてちょっと食べただけやもん」と答え、まるで学生時代のようなやりとりをするのだった。

大輝役を演じる松下洸平の"抱き寄せシーン"や、ふとした瞬間に出てしまった方言は、多くのファンをときめかせた。Twitterでは、「松下洸平が助けに来たところで最高にニヤけちゃった...方言良......」「助け方がイケメンすぎる」「とっさに方言出る瞬間が尊すぎる」「演技上手+男前+色気爆発で松下洸平沼に入りそう」といった声で大盛り上がりだ。

10月29日に放送される第3話では、大輝がなじみの店に梨央を「友達」として誘うようだ。はたして梨央は事件の詳細を語るのか、そして彼女は本当に殺人事件の犯人なのか? 第3話でも松下から"方言セリフ"が飛び出すことを祈りつつ、波乱のストーリーに注目だ。

サムネイル
『最愛』第3話より


サムネイル
『最愛』第3話より


サムネイル
『最愛』第3話より


"爆イケ刑事"松下洸平、吉高由里子を抱き寄せ......その色気と爽やか笑顔は最高すぎ逮捕! 松下の方言を何度も聴きたいドラマ『最愛』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW