びしょぬれセーラー服姿にドキッ! "家出(!?)女子高生"工藤遥にファン「最強コンボKO勝ち」/『東京放置食堂』第7話

2021/10/28 18:39

モーニング娘。の元メンバーで女優の工藤遥が、ドラマ『東京放置食堂』(テレビ東京系、毎週水曜深夜1時~)第7話に女子高生役で出演。セーラー服をびしょぬれにしながら無邪気に海で遊ぶ姿が、ファンをときめかせた。

サムネイル
『東京放置食堂』第7話


「顔がかわいすぎて毎秒ビビる」工藤遥のセーラー服姿......手紙のシーンの文字は"どぅー"直筆? 解読班、検証求む! ドラマ『東京放置食堂』を無料配信中>>

『東京放置食堂』は、東京から120キロも離れた太平洋に浮かぶ大島を舞台にした人間ドラマ。元裁判官の真野日出子(片桐はいり)や小宮山渚(工藤綾乃)など島内で交差する人間模様が描かれる。10月27日に放送された第7話で、日出子は明らかに島民とは思えない女子高生を見かけ、心配になって彼女を尾行した。

工藤遥が演じたのは、日出子と渚に「家出かも」と心配される女子高生の日高真琴(工藤遥)役。真琴は深刻そうな表情で大島をふらついたかと思えば、心配して声をかけてきた日出子らに突然「火山愛」を語って圧倒させるなど、掴(つか)みどころのない人物だ。

「受験勉強の息抜き」で大島にやってきたという真琴は、着ていた制服を海でびしょぬれにしながら渚に海水をかけたり、島民たちと花火を楽しんだり、遅い夏休みを満喫した。はじける笑顔をふりまく真琴だが、彼女が大島にやってきた本当の理由が切ない。

工藤のフレッシュなセーラー服姿はファンに好評だ。Twitter上では「放送開始即セーラー服最高」「制服に海ってなんでこんなに最高なんだろう ロケーションも合わさって最強コンボKO勝ち」「どぅーと一緒に花火できる人生ってなに?」「もぐもぐハルちゃ...真琴ちゃしゅき!」「顔がかわいすぎて毎秒ビビる」といった声で盛り上がっている。

「顔がかわいすぎて毎秒ビビる」工藤遥のセーラー服姿......手紙のシーンの文字は"どぅー"直筆? 解読班、検証求む! ドラマ『東京放置食堂』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW