天海祐希のあまりにも美な"洞窟ラブシーン"...官能ホラー映画『狗神』を無料配信中

2021/11/ 2 18:00

官能ホラー映画『狗神』(2001年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて11月24日23時59分まで無料配信中。天海祐希が渡部篤郎と洞窟の中でラブシーンを演じており、天海の美しい肉体に目を奪われる。

サムネイル
映画『狗神』


恐怖、エロティシズム、究極のタブー......天海祐希&渡部篤郎の"洞窟ラブシーン"が衝撃的! 2001年当時の天海の美しさに見とれる官能ホラー映画『狗神』を無料配信中>>

原作は、直木賞作家・坂東眞砂子が高知県に伝わる「狗神伝説」をベースに書いた同名小説。高知の山里で静かに暮らす美希(天海祐希)の前に、青年・晃(渡部篤郎)が現れた。惹(ひ)かれ合ったふたりは激しく体を求め合うようになる一方、村では人々が悪夢に襲われ、変死事件が多発し始めた。やがて人々は、"狗神筋"の家系に生まれた美希と、晃の間に隠された、恐ろしい事実に驚愕(きょうがく)する――。

映画『狗神』の公開当時、主演を務めた天海祐希は30代前半だった。本作で天海は渡部篤郎と共に洞窟の中でラブシーンを演じている。雨が降る中、洞窟の中でキスを交わしたふたりは裸になり、激しく体を求め合うのだ。洞窟の中というロケーションに加え、天海の美しい裸体が記憶に残るラブシーンだ。

天海演じるヒロイン・美希が、晃と情事を重ねて急速に若返り、官能的な雰囲気をまとっていく様にも目を奪われる。村人たちから忌み嫌われた一族である美希の若返りの理由や、彼女が過去に犯した禁忌、そして彼女と晃が「けして交わってはいけない関係」である本当の意味を知ったとき、強い衝撃を受けることだろう。

サムネイル
映画『狗神』


サムネイル
映画『狗神』


恐怖、エロティシズム、究極のタブー......天海祐希&渡部篤郎の"洞窟ラブシーン"が衝撃的! 2001年当時の天海の美しさに見とれる官能ホラー映画『狗神』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW