"方言刑事"松下洸平があなたの心をかき乱す!? 次なる不意打ちセリフは「おまえやないってこと、俺が証明する」/『最愛』第4話予告

2021/11/ 2 16:20

ドラマ『最愛』(TBS系、毎週金曜22時~)で、松下洸平演じる刑事が再び方言のセリフでファンをときめかせた。ヒロイン(吉高由里子)とふたりきりになったときに方言が出るようで、次週も「おまえやないってこと俺が証明する」という新たな胸キュンなセリフが飛び出しそうだ。

サムネイル
『最愛』第4話


松下洸平&吉高由里子の"見つめあう15秒間"に心臓ギュン...言葉を交わさずじっと見つめ、抱きしめたい衝動に耐えるような手の演技がグッとくる! ドラマ『最愛』第3話無料配信中>>

同ドラマは、『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』のスタッフが再集結したサスペンス・ラブストーリー。殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高由里子)と、梨央の初恋相手で刑事の宮崎大輝(松下洸平)、梨央を支える弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)らを中心に、15年前の失踪事件と現在の連続殺人事件をつなぐ謎が描かれる。

11月5日放送予定の第4話は、脅迫犯による騒動に加えて真田ウェルネスの疑惑を追及する記事のゲラが出回り、社長である梨央が窮地に陥るストーリーだ。予告動画では、社内外問わず批判の的となった梨央に対し、彼女が犯人ではないと信じる大輝が「おまえやないってこと、俺が証明する」と宣言している。はたして大輝は最愛の人を守り抜けるのか?

第4話の予告でも松下洸平演じる大輝から方言のセリフが飛び出したが、これまでも彼はふとした瞬間にヒロイン・梨央に方言で話しかけていた。10月29日に放送された第3話でも、大輝が梨央を心配して「ずっと、どうしていたのか気になっとった」と、15年分の思いを明かすシーンがあった。敵対してしまったふたりが、互いに触れ合える距離にいるのに無言でただ見つめ合う姿が切なかった。

第3話でも松下の方言のセリフに加え、彼が吉高由里子と見つめ合ったシーンにTwitter上では「不意に出る方言がほんとズルい」「ふたりきりのときだけ急に方言出してくるのたまらん」「病院で見つめあってるあの間。めちゃくちゃドキドキした」といったファンの喜びの声が続出。ふたりの手の演技に注目した視聴者もいるようで「大輝の手の仕草、もどかしさを表してるのかしら」「手がもぞもぞ動いてるのが愛おしかった。大ちゃんは梨央のこと守りたいんだろうな」といった声も寄せられている。

サムネイル
『最愛』第4話


サムネイル
『最愛』第4話


サムネイル
『最愛』第4話


サムネイル
『最愛』第4話


サムネイル
『最愛』第4話


松下洸平&吉高由里子の"見つめあう15秒間"に心臓ギュン...言葉を交わさずじっと見つめ、抱きしめたい衝動に耐えるような手の演技がグッとくる! ドラマ『最愛』第3話無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW