12人家族シングルマザーが"感謝の合唱"をプレゼント 長男夫婦に歌った菅田将暉『虹』に涙、涙、涙!

2021/11/ 4 17:55

家族の絆を合唱で表現する特番『ブラマヨ&ゆりやんのいきなり合唱GP』(ABCテレビ)が11月3日に放送された。シングルマザーが大黒柱を担う12人家族は、菅田将暉のヒット曲『虹』の合唱を通してつながりを一層深めた。

サムネイル
『ブラマヨ&ゆりやんのいきなり合唱GP』秋元真夏&檀れい号泣...大家族が"合唱"を通して絆を育む!


秋元真夏&檀れいが涙。母親の「ごめんね」と「ありがとう」、全ての気持ちが込められた合唱はコチラ。ボイストレーナーも「今までで一番感動した歌」と太鼓判!>>

45歳の長谷川舞さんは、女手ひとつで7人の子どもを育てるシングルマザーだ。さらに孫が3人おり、12人の大家族をまとめている。

舞さんは、元夫からDVを受けていたことを告白した。当時「離婚したら(子どもたちに)今までみたいな生活はさせてあげられない」と悩んでいたものの、長男・悠登さんに「俺が稼ぐからいい。俺が父親代わりになってみんなの面倒見るから。全然気にしなくていいから、すぐ別れろ」と励まされ、離婚を決断できたという。家族を支えるために高校を中退して建設作業員になった悠登さんと、そんな事情を知りつつ彼と結婚した妻・麻美さんに感謝の思いを歌で伝えたいと語った。

長谷川家は合唱曲に菅田将暉のヒット曲『虹』を選んだ。初めは衝撃的なバラバラ具合だったが、地道な練習によって少しずつ歌唱力が向上していった。そして、本番当日。まず舞さんは長男夫婦への感謝の手紙を涙ながらに読み上げた。ウエディングソングである『虹』だが、ひとつひとつのフレーズが長谷川家の絆にシンクロし、心に響く合唱となっている。

ボイストレーナーの「たーなー先生」こと田中直人さんは、「25年間、1万人以上に歌を教えてきましたが、今までで一番感動した歌でした」とコメントした。「歌っていうのはうまい下手じゃなくて、気持ちが相手に本当に届くか。そういう面では本当に100点の歌だったと思います」と称賛した。

VTRを見守る女優・檀れいや乃木坂46・秋元真夏は感動のあまり目頭をぬぐっていた。檀は、「お母さんの苦労をかけた、ごめんねって気持ちとありがとうって気持ちが、この合唱に全て込められていた。良い歌を聴かせていただきました」としみじみ語った。

秋元真夏&檀れいが涙。母親の「ごめんね」と「ありがとう」、全ての気持ちが込められた合唱はコチラ。ボイストレーナーも「今までで一番感動した歌」と太鼓判!>>

(文/原田美紗@HEW