美人のお隣さんとエッチや下着を"見せ合いっこ"...心臓バクバク背徳生活を描いた実写版『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』

2021/11/11 18:10

映画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』(2014年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて12月2日23時59分まで無料配信中。アパートの隣室に住む美女と主人公の禁断の「のぞき合い生活」が描かれており、観客まで"イケナイこと"をしている気分が味わえる作品だ。

サムネイル
映画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』


積極的に迫る彼女との激しい情事を隣室の美女にのぞかれ......背徳感たっぷりな男女の濡(ぬ)れ場&美女の下着姿の「のぞき見シーン」が必見な映画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』を無料配信中>>

原作は小学館のウェブコミック配信サイト「モバMAN」で連載された本名ワコウの大ヒットコミック。専門学校生の城戸龍彦(篤海)は、住み始めたアパートで壁の穴を見つける。その穴をのぞいてみると、隣の部屋に住む美少女・生野えみる(池田ショコラ)が見えた。えみるは龍彦に「私と"自分見せ合いっこ"しませんか?」と、1日交代で相手の私生活をのぞくことを提案し、ふたりは禁断と背徳の日々を送ることになる――。

「壁の穴越し」というシチュエーションは、下手なラブシーンよりドキドキさせられるものかも。えみるが龍彦にわざと下着姿を見せつけたり、龍彦と恋人・友里(伊東紅)との情事をのぞいたりするシーンがある。

えみるにのぞき見されていると知らず友里は「龍彦くんがシてくれないなら私から......」と服を脱ぎ、つい壁の穴を気にしてしまう龍彦の代わりにリードする。次第に喘(あえ)ぎ声が激しくなるカップルの情事はもちろん、その光景を盗み見てニヤニヤするえみるにドキッとさせられる。見る側も、えみると共犯者気分が味わえるだろう。

なお、映画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』で謎の美少女・えみる役を演じたのは、公開当時グラビアアイドルとしても活躍していたタレントの池田ショコラだ。本作にはセクシー女優の伊東紅、栗林里莉、きみの歩美(現・きみと歩実)らも出演しており、彼女たちの色っぽい姿が楽しめる。

サムネイル
映画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』


サムネイル
映画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』


積極的に迫る彼女との激しい情事を隣室の美女にのぞかれ......背徳感たっぷりな男女の濡(ぬ)れ場&美女の下着姿の「のぞき見シーン」が必見な映画『ノ・ゾ・キ・ア・ナ』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW