綾野剛が"アンニュイ系美男子"なゲイ役..."おとぼけ男子"高良健吾との会話にクスッとする映画『横道世之介』

2021/11/15 16:15

映画『横道世之介』(2013年)を動画配信サービス「GYAO!」にて11月17日23時59分まで無料配信中。俳優・綾野剛がゲイ役を演じており、高良健吾演じる愛されキャラな主人公との一見かみあわない会話劇が笑える。

サムネイル
映画『横道世之介』


「この公園は"そういう場所"で俺は"そういう"刺激を求めて来ているわけで」......ゲイ役・綾野剛&おとぼけ主人公役・高良健吾のやりとりが笑える! 映画『横道世之介』を無料配信中>>

原作は、『パレード』『悪人』など数々の実写化作品を世に送り出したベストセラー作家・吉田修一の青春小説。長崎県の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は、大学進学のために上京したばかりの18歳。嫌みのないずうずうしさと頼み事を断りきれないお人よしな性格で、周囲の人間に愛されている。お嬢様育ちのガールフレンド・与謝野祥子(吉高由里子)をはじめ、世之介と出会った男女は彼と共に青春時代を過ごすが――。

綾野剛が演じたのは、主人公・世之介の同級生・加藤雄介役。雄介は、女性に興味のない美男子だ。世之介はまるでわが家のように雄介の自宅に入り浸り、雄介は世之介に悪態をつくものの、なんだかんだで一緒にいるくらいには仲がいい。ふたりが一緒にいる理由には世之介の性格が関係しているのだろう。雄介が「俺さ、男の方がいいんだよ」とカミングアウトすると、世之介は「もう家に行っちゃマズイの!?」と聞き返した。雄介に「動揺しねぇの?」と聞かれても、世之介は「え、なんで?」とキョトンとした反応で、逆に雄介を驚かせた。

世之介と雄介の一見かみ合っていないやりとりも見どころのひとつだ。食べかけのスイカを持ったまま雄介についてきた世之介が、一緒にハッテン場である公園に来てしまったと知ったときの会話が笑える。「じゃあ、俺がいちゃまずいじゃん」と言う世之介に雄介は「だから、まずいんだよ」と少々イライラした様子だった。しかし、天然ぶりを発揮させた世之介は、なぜか「じゃあ、俺はここで待ってるよ」「邪魔しないから。ほら、行っといで!」とベンチに座ってスイカを食べだす......。ふたりのトボけたやりとりにクスッとさせられるはずだ。

ほかにも、世之介と雄介の友情が描かれるのだが、現代のシーンでは、そんな青春時代の数々を語る雄介の隣に世之介はいない。雄介を始めとする仲間たちと世之介が過ごした日々を知れば知るほど、温かな幸福感に包まれるだろう。

「この公園は"そういう場所"で俺は"そういう"刺激を求めて来ているわけで」......ゲイ役・綾野剛&おとぼけ主人公役・高良健吾のやりとりが笑える! 映画『横道世之介』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW