断れない女子は既婚者に口説かれ、つい車内で......林由美香が主演の傑作ピンク映画『たまもの』を無料配信中

2021/11/16 18:10

ピンク映画『たまもの』(2004年、R15+)を動画配信サービス「GYAO!」にて12月2日23時59分まで無料配信中。伝説的AV女優の林由美香(2005年逝去)が主演した、ピンク映画史に残る傑作だ。

サムネイル
映画『たまもの』


ピンク映画史に残る傑作『たまもの』を無料配信中。ボサボサ髪のヒロインが超キュート! 無口な彼女が発したラストシーンのセリフとは?>>

プロボーラーを目指してボーリング場で働く愛子は、年下の郵便局員と恋に落ちる。だが、愛子の献身的な愛情を重く感じるようになった彼は、同僚と浮気する――。

ヒロインの愛子は、断れない女だ。バイト先のオーナーに口説かれると断りきれず、既婚者である彼と車の中で行為に及んでしまった。狭い車内で絡み合うふたりの肉体......。帰宅した愛子は、さすがに少し落ち込んでいる様子だ。そこに突然ボーリングの妖精(!?)が現れるシーンが笑いを誘う。ただ、この「ストライク、一発!」というセリフは終盤思わぬ意味合いを持つことになるのだが......。
ラブシーンでの息遣いなどが生々しく迫る一方で、ヒロイン・愛子にはまるでアニメから抜け出してきたかのような浮世離れしたキュートさがある。無口な彼女は、じだんだを踏んだり、おどけたポーズを取ってみせたりして感情を表現する。一歩間違えると「イタい」存在になってしまいかねないが、絶妙なバランスでマスコット的な愛らしさにつながっているのは、ひとえに主演・林由美香の力量だろう。ボサボサ髪で地味な愛子から目が離せなくなるはずだ。

無口な愛子は、終盤でセリフを発する。そのとき、作品は鮮やかに色合いを変える。特にラストの一言をどのように受け止めるべきか? 『たまもの』は「2004年度ピンク大賞」で第1位に選出されたほか、ピンク映画でありながら一般の映画館でも上映された傑作だ。

サムネイル
映画『たまもの』


サムネイル
映画『たまもの』


ピンク映画史に残る傑作『たまもの』を無料配信中。ボサボサ髪のヒロインが超キュート! 無口な彼女が発したラストシーンのセリフとは?>>

(文/原田美紗@HEW