ヴァイオリニスト・NAOTOをとりこにした「スープカレーの世界」/『マツコの知らない世界』

2021/11/16 15:55

『マツコの知らない世界』(TBS系列)は、日常に潜む興味深いマツコ・デラックスも"知らない世界"を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介する番組。個性あふれる人物たちが熱くマツコに語りつくす、独特の世界観が話題となっている。11月16日(火)放送の内容は、「スープカレーの世界」だ。

サムネイル
『マツコの知らない世界』スープカレーの世界


『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

■スープカレーの世界/NAOTO(ツアーで北海道に行ったら12食中12食スープカレーを食べるヴァイオリニスト)
2000年代初頭に日本でブームを巻き起こしたスープカレー。その流行を牽引(けんいん)したのが北海道の名店だ。その味にハマったというのがヴァイオリニストで作曲家のNAOTO。ツアーで北海道に5日間行くときは12食中、12食がスープカレーだというほど愛して止まないという。店ごとに独特のダシとスパイスがあり、それぞれに奥深い味わいがある「スープカレーの世界」を紹介。札幌で根付いたスープカレーの系統や、レジェンドたちが学んだカレーのルーツを掘り下げる。スタジオにはそのレジェンドと札幌の人気店が登場。マツコに名店の味を披露する。熱々のスープカレーにマツコの食欲がもう止まらない。

『マツコの知らない世界』最新話がGYAO!にて無料配信中>>

(文/トレンドニュース編集部)