童貞卒業したてイケメンと不倫キス!? 新婚女子(筧美和子)の熱視線にドキドキな『凛子さんはシてみたい』第5話

2021/11/17 18:00

ドラマ『凛子さんはシてみたい』(毎週火曜、MBSは24時59分~/TBSは24時58分~)第5話で、不倫キスシーンが描かれた。筧美和子演じる人妻が、童貞を卒業したばかりのイケメンとベッドで熱っぽく見つめ合う姿が官能的......!

サムネイル
『凛子さんはシてみたい』第5話


筧美和子の上目遣いキスも色っぽいけど、この肩出し&背中チラ見せスタイルにもドキッ! セクシーなワンピース姿で独自リラックス法を語った映像はコチラ>>

原作は、電子コミック配信サービス「めちゃコミック」でランキング1位を獲得し、累計1100万DLを突破した藤田みおの人気コミック。お互い容姿端麗で仕事ぶりも優秀だが性経験がない雨樹凛子(高田夏帆)と上坂弦(A.B.C-Z・戸塚祥太)が「脱・未体験パートナー協定」を結んだことから始まるラブストーリーだ。11月16日に放送された第5話で、ふたりが働く結婚式場に弦の学生時代の同級生である志保(筧美和子)がやってきた。

実は志保は弦の初恋の相手だが、彼女はすでに結婚している。夫は大学病院に勤務するエリート男子で、タワマン暮らしの志保は一見すると幸せいっぱいだ。しかし、式場でウエディングプランについて相談する彼女の表情はどこか暗く、心の奥底に何かを抱えているようだ。

弦を本気で好きになってしまった凛子は、彼と志保の関係が気になって仕方がない。第5話では、凛子が悶々(もんもん)とする中で弦と志保の「禁断の関係」を匂わすシーンがあった。弦は「俺も男だよ」「いいなら、遠慮しないから」と裸になり、ベッドの上で志保にキスした。さらに弦が「ずっと好きだった」と言うと志保も「あたしも」と同意して見つめ合うが、はたしてこれは凛子の妄想なのか、現実で起きていることなのか?

筧美和子とA.B.C-Z・戸塚祥太が演じる「禁断のキスシーン」に視聴者は大騒ぎ。Twitter上では「キスシーン?!? 凛子より先に?!?!?」「志保ちゃんとのキスシーン思わずコマ送りでリピしてしまった」「戸塚祥太のキスシーンは美しいねぇ。夢に出てきそう」「上坂くんと志保ちゃん進展するのか!?」といった声が寄せられている。

筧美和子の上目遣いキスも色っぽいけど、この肩出し&背中チラ見せスタイルにもドキッ! セクシーなワンピース姿で独自リラックス法を語った映像はコチラ>>

(文/カオタニ@HEW