顔面国宝級メンズの顔近すぎシーンにドキッ! "底辺ぼっち"男子高生&人類納得"美しキング"の実写版BL『美しい彼』

2021/11/19 18:50

人気BL小説『美しい彼』の実写ドラマ版(MBSほか)が11月18日より放送スタート。"底辺ぼっち"な高校生(萩原利久)がクラスで人気の美男子(FANTASTICS from EXILE TRIBE・八木勇征)に恋するストーリーや、ふたりの距離の近さにドキドキさせられる。

サムネイル
『美しい彼』第1話


"目力つよつよ不審者"萩原利久、"人類納得の美しキング"八木勇征の写真を見つめ、吐息混じりに「好きだ......」 イケメンふたりの「至近距離見つめ合いシーン」にももだえる実写版BL『美しい彼』を無料配信中>>

原作は、全国の書店員が選ぶ「本屋大賞」で2020年に大賞を受賞した作家・凪良ゆうの大ヒットBLシリーズだ。

男子高生の平良一成(萩原利久)は、思うように言葉を発せない「吃音症(きつおんしょう)」をもち、幼い頃から常にひとりぼっちでクラスカーストの最底辺に位置している。一方の清居奏(八木勇征)は、クラスの頂点に立つ孤高のカリスマ。本作は、平良が自分と正反対の相手である清居に恋する姿を丹念に描いた青春ドラマだ。

清居にひと目ぼれした平良は、彼をひそかに「王(キング)」と崇拝し、昼食の調達を始めとする「お使い」も喜んで引き受けて忠誠を尽くす。清居は立っているだけでも絵になり、教室で眠る姿は平良が「引力がある」「キレイ......」とうっとりするのも納得だ。そんな平良を清居は「キモイ」と冷たくあしらうが、なんだかんだで彼に構うのは「ただのパシリ」以上の思いがあるからなのだろうか? 第1話で「秘密」を共有したふたりが至近距離で見つめ合うシーンにもドキッとさせられる......!

放送終了後、原作者の凪良ゆう氏はTwitter上で「平良は目力つよつよで不審だし、清居は人類納得の美しいキング」と男子高生役を演じた萩原と八木を称賛した。イケメンたちの距離の近さや甘酸っぱい青春ストーリーに視聴者からも「顔近い!!!! 顔面国宝級にキレイ!!!!」「清居くんもひーくんも美しい」「清居くんの冷たいんだか優しいんだか分からないあの王様感がたまらん」「ほんとに30分が秒すぎた~平良を応援したくなる感じだった」といった声が寄せられている。

"目力つよつよ不審者"萩原利久、"人類納得の美しキング"八木勇征の写真を見つめ、吐息混じりに「好きだ......」 イケメンふたりの「至近距離見つめ合いシーン」にももだえる実写版BL『美しい彼』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW