佐々木蔵之介の「関西弁✕武闘派ヤクザ」役って、それは全オタクの夢なんよ...映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』を無料配信中

2021/11/22 18:30

映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(2017年)を動画配信サービス「GYAO!」にて12月5日23時59分まで無料配信中。俳優の佐々木蔵之介がイケイケな武闘派ヤクザ役を演じており、ドスの効いた関西弁とアクションに惚(ほ)れる!

サムネイル
映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』


"武闘派ヤクザ"佐々木蔵之介が敵をボコボコにする姿も、返り討ちに遭って血まみれな姿も性癖どストライク! 関ジャニ∞・横山裕との関西弁トークもたまらない映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』を無料配信中>>

原作小説『破門』は、ベストセラー作家・黒川博行による、凸凹コンビの桑原と二宮の活躍を描いた人気シリーズ『疫病神』の第5作。出資詐欺に遭ったヤクザの桑原(佐々木蔵之介)と建設コンサルタントの二宮(関ジャニ∞・横山裕)が、詐欺師を追って関西からマカオまで奔走するストーリーだ。

佐々木蔵之介が演じたヤクザの桑原は、縁無しのメガネに高級そうなスーツ姿で、一見するとクールなビジネスマンのように見える。しかし怒りの沸点はかなり低く、一度キレるとドスのきいた関西弁ですごみ、大暴れするような男だ。敵集団に飛びかかってストールで相手の首を絞めたり、飛び蹴りを食らわせるシーンはもちろん、拳銃を構える姿もかっこいい!

本作は、アブないヤクザの桑原と、弁は立つがグータラで貧乏な二宮の漫才のようなかけあいも見どころだ。桑原の「おまえ、もしかしてワシのこと嫌いになったんか?」という言葉に対して、すかさず二宮は「なったんやなくて、ずっと前から嫌いですわ!」とツッコミを入れた。すると、桑原は「気が合うな、ワシもや!」と笑った。凸凹コンビ役を演じた佐々木蔵之介と横山裕は共に関西出身で、ふたりのネイティブな関西弁によるかけあいが笑いを誘う。

サムネイル
映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』


サムネイル
映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』


"武闘派ヤクザ"佐々木蔵之介が敵をボコボコにする姿も、返り討ちに遭って血まみれな姿も性癖どストライク! 関ジャニ∞・横山裕との関西弁トークもたまらない映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW