お色気ナースの正体は連続殺人鬼! アブなすぎる「お医者さんごっこ」に震える映画『マッド・ナース』を無料配信中

2021/11/24 18:45

映画『マッド・ナース』(2013年、R15+)の字幕版と吹替版の両方を動画配信サービス「GYAO!」にて12月10日23時59分まで無料配信中。連続殺人鬼という裏の顔を持つ美人ナースが、無敵のナイスボディを駆使して男たちを罠(わな)にかける官能ホラーだ。

サムネイル
映画『マッド・ナース』


このナース、"エロコワ"にもほどがある......! タイトなミニスカナース服を着こなす美女。その正体は、男を残虐にいたぶるシリアルキラー。エロもグロも盛りだくさんな映画『マッド・ナース』を無料配信中>>

看護師のアビゲイル(パス・デ・ラ・ウエルタ)は、献身的な仕事ぶりで評判のまさに"白衣の天使"。しかし、彼女の正体は、夜な夜なバーやクラブに出向いては、誘惑した男を残虐に殺すシリアルキラーだった――。

アビゲイル役を演じるパス・デ・ラ・ウエルタは、米雑誌『プレイボーイ』で大胆なヌードグラビアを披露したこともある女優だ。胸元が大きく開いたタイトなナース服をばっちり着こなしており、彼女のまるで彫刻のような肉体に見とれてしまう。

とはいえ、劇中でアビゲイルの美しさに魅了した男たちは、ことごとく悲惨な最期を迎えるわけだが......。ある男は手術台に拘束されて、彼女にメスで体を切り刻まれる。さらに腕まで切り落とされ、アビゲイルの白いランジェリーが血しぶきで染まる描写にゾクッ......! 

また、バイセクシャルであるアビゲイルは、若く美しい新人看護師ダニーを自分のものにしようと画策する。逃げるダニーと、追うアビゲイル。終盤はもはや病院全体が修羅場と化して、どこもかしこも血まみれだ。

ともすれば、いかにもなB級ホラーになってしまいかねないストーリーだが、『マッド・ナース』がどこかスタイリッシュな雰囲気をただよわせているのは、衣装の力が大きいだろう。衣装を担当したのは、これまでマイケル・ジャクソンやレディ・ガガ、EXILEの衣装を手がけてきた世界的デザイナーのザルディ・ゴコだ。どんなラブシーンも、どんなグロ描写も洗練された印象に仕上がっており、映像美で目を楽しませてくれる。

サムネイル
映画『マッド・ナース』


サムネイル
映画『マッド・ナース』


このナース、"エロコワ"にもほどがある......! タイトなミニスカナース服を着こなす美女。その正体は、男を残虐にいたぶるシリアルキラー。エロもグロも盛りだくさんな映画『マッド・ナース』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW