"天才・切なハグ刑事"松下洸平に沼落ち確実...次週もヒロイン&視聴者を"夢中"にさせて!/『最愛』第7話予告

2021/11/24 19:00

ドラマ『最愛』(TBS系、毎週金曜22時~)で、俳優・松下洸平演じる刑事と、殺人事件の重要参考人となったヒロイン(吉高由里子)の切ない関係性が視聴者をもだえさせている。第6話の「別れのハグ」に続き、次週も"松下刑事"が視聴者のハートをわしづかみにする!?

サムネイル
『最愛』第7話


"沼落ち底なし刑事"松下洸平の「勝手に決めんな!」からの"追いかけハグ"シーンをもう一度......神がかり「君に夢中タイム」が無限リピ必至なドラマ『最愛』を無料配信中>>

同ドラマは、『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』のスタッフが再集結したサスペンス・ラブストーリー。殺人事件の重要参考人となった実業家の真田梨央(吉高由里子)と、梨央の初恋相手で刑事の宮崎大輝(松下洸平)、梨央を支える弁護士の加瀬賢一郎(井浦新)らを中心に、15年前の失踪事件と現在の連続殺人事件をつなぐ謎が描かれる。

11月26日放送予定の第7話では、加瀬の尽力によって梨央は最愛の弟と暮らせるようになり、つかの間の幸せな生活を送り始める。しかし、姉弟のそばに幼馴染(おさななじみ)である大輝の姿はない。予告動画では、大輝と自身の立場を考えた梨央が彼と「もう関わったらいけない」と決意しつつも揺れている。梨央と大輝は互いを思い合っていた15年前の関係に戻れないのか?

刑事である大輝と重要参考人である梨央の関係性は、回を追うごとに切なさを増している。11月19日に放送された第6話では、大輝の立場が悪くなることを気にした梨央が「最後に顔が見たかったんや」と彼に電話で別れを告げるシーンがあった。大輝が「勝手に決めんな」と呟(つぶや)いたのち梨央に同じ言葉を叫び、立ち去る彼女を追って抱きしめたシーンは多くの視聴者を感動させた。初めは抵抗していた梨央が抱きしめ返す姿も、彼女が「じゃあね」と手を振って夜道に消えていく姿も涙を誘う......。

第6話での大輝と梨央の複雑な思いが絡み合ったハグは、宇多田ヒカルの主題歌『君に夢中』が絶妙なタイミングで流れたことも相まって名シーンとなった。大輝役を演じる松下洸平の演技も含め、一連のシーンにTwitter上では「『勝手に決めんな!』からの大ちゃんかっこいい」「キュンキュン切ない辛い苦しい ほんとに感情忙しい」「6話の『君に夢中タイム』はほんと神」「バチっと場面と歌詞とシンクロ! 来世会えるとしても今世結ばれてほしい」といった声が寄せられている。

サムネイル
『最愛』第7話


"沼落ち底なし刑事"松下洸平の「勝手に決めんな!」からの"追いかけハグ"シーンをもう一度......神がかり「君に夢中タイム」が無限リピ必至なドラマ『最愛』を無料配信中>>

(文/藤原利絵@HEW