木村拓哉「上半身全部が鳥肌立った」 京都で出会った「『木村さ~~ん!』スペシャル陶器」とは?

2021/11/29 11:53

木村拓哉のウェブ番組『木村さ~~ん!』第174回では、木村が京都の老舗陶器店を訪れた。自身の家紋が戦国武将・織田信長と同じである木村は、店主が彼のために特別に作った焼き物「『木村さ~~ん!』スペシャル」に「めちゃくちゃかっこいい!」と大喜びだった。

サムネイル
『木村さ~~ん!』第174回 木村拓哉、嬉しすぎて"鳥肌"!?京都の陶器店で商談!


木村拓哉の家紋は戦国武将・織田信長と同じ「織田木瓜(ぼけ)」だった! 家紋や木村が好きなトンボ、赤や紫が着色された「スペシャルな陶器」って一体どんなもの?>>

京都にやってきた木村は、「時間があったら来たかった」という大正7年創業の老舗陶器店「陶好堂」を訪れた。この店は、料亭やかっぽう、ホテル、レストラン向けの業務用食器を主に取り扱っている。「あるモノ」を探しに来た木村だが、実はスタッフから「やめておいた方がいいですよ、絶対ボラれますよ!」「ダメですよ!」と心配されていたことを明かした。

木村が探している「あるモノ」とは、自身の家紋が絵付けされた陶器だった。木村の家紋はあの織田信長と一緒なのだという。店主の井原さんに案内されて目当ての陶器と対面した木村は、一気にテンションが上がった。さらに井原さんが木村のために作った「『木村さ~~ん!』スペシャル」と名付けた陶器を披露する場面もあった。陶器には家紋のほか、木村が好きなモチーフで「勝負の勝ち虫」であるトンボが絵付けされ、着色の一部には彼の好きな赤や紫も使われていた。これには木村も「やばい、めちゃくちゃかっこいい!」と大喜びだった。

井原さんはさらに「とっておき」の陶器を用意しており、再び木村は「やっばい。すっげー今、上半身全部が鳥肌立ってるんですけど」と喜びをあらわにした。スペシャルな陶器の購入を即決した木村は、電卓をたたく井原さんと「商談成立」した後にグータッチを交わし、「めっちゃ嬉しい!」「撮影のモチベーションが上がった」と満足そうだった。

サムネイル
木村拓哉の初めてのWEB番組「木村さ~~ん!」(毎週日曜、正午更新)


木村拓哉の家紋は戦国武将・織田信長と同じ「織田木瓜(ぼけ)」だった! 家紋や木村が好きなトンボ、赤や紫が着色された「スペシャルな陶器」って一体どんなもの?>>

(文/藤原利絵@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

1/25 デイリーランキング