壮絶な愛の実話に涙が止まらない...末期がんの妻との272日間の旅を描いた映画『死にゆく妻との旅路』を無料配信中

2021/12/ 6 18:25

映画『死にゆく妻との旅路』(2011年)を動画配信サービス「GYAO!」にて12月21日23時59分まで無料配信中。1999年に実際に起きた事件をもとに、多額の借金を負った男と末期がんの妻のあてのない旅を描いた作品だ。

サムネイル
映画『死にゆく妻との旅路』


三浦友和も石田ゆり子も惚(ほ)れ込んだ、壮絶な愛の実話を描いたストーリー。「感動」なんて言葉じゃ生温い。自分ならどうする? 胸を抉(えぐ)るような問いに涙する映画『死にゆく妻との旅路』を無料配信中>>

石川県七尾市で小さな縫製工場を営む清水久典は、バブル崩壊とともに工場経営が傾き、4000万円の借金を抱える身になった。金策も職探しも成果はゼロ。「逃げたらいかんよな、ひきょうと言われるよな」と言う久典に対して、大腸がんの手術をしたばかりの妻・ひとみは「オッサンの好きにしたらええ」とほほ笑んだ。夫婦の旅は、こうしてほとんど無計画に始まった――。

本作は、1999年に実際に起きた事件をもとにしている。現実において清水久典氏は、末期がんの妻をワゴン車に乗せて9カ月もの間、日本各地をさまよったことにより、「保護責任者遺棄致死」の罪に問われた。翌年、逮捕された清水氏の手記が雑誌に掲載されて大きな反響を招いた。やがて文庫化されたその手記は、ほとんど宣伝もなしに口コミで20万部を超えるロングセラーとなり、事件の裏に隠された夫婦愛に多くの読者が涙した。

大切な人間に対して、自分は何ができるのか? 事件から丸10年たち、清水氏は「後悔はない」と振り返る。病院へ入れるのは正しいことかもしれない。しかし、夫婦は違う選択をした......。

そんな壮絶な愛の実話をもとにした脚本に、三浦友和も石田ゆり子も惚れ込んで出演を即決したという。夫婦役を演じるふたりは、普段の姿と大きく様変わりしている。三浦は無精ひげを生やして、逃げるように故郷を飛び出した男になりきった。石田は体重を落として、末期がんの妻役に挑んだ。名優ふたりが、世間から忘れ去られた夫婦を熱演している。

サムネイル
映画『死にゆく妻との旅路』


三浦友和も石田ゆり子も惚(ほ)れ込んだ、壮絶な愛の実話を描いたストーリー。「感動」なんて言葉じゃ生温い。自分ならどうする? 胸を抉(えぐ)るような問いに涙する映画『死にゆく妻との旅路』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

1/25 デイリーランキング