女におぼれる既婚者✕予備校生の背徳ラブシーン...切ない恋模様にグッとくる文芸エロス『ダイアモンドは傷つかない』

2021/12/15 18:05

文芸エロス映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)を動画配信サービス「GYAO!」にて12月20日23時59分まで無料配信中。酒と女におぼれる既婚者との"イケナイ恋"を経て、予備校に通う女子生徒が大人になっていく姿が記憶に残る。

サムネイル
映画『ダイアモンドは傷つかない』


「もう大人のフリはおしまい。何も理解できなくて子どもでした」......イケナイ恋に燃える予備校生の心の移ろいが切ない! 予備校生&愛人持ち既婚者の濃厚不倫ラブシーンも見どころの映画『ダイアモンドは傷つかない』を無料配信中>>

予備校生の弓子(田中美佐子)は、憧れの中年講師・三村(山崎努)と酒を飲んだとき、酔いつぶれてしまう。妻子持ちである三村と急速に親しくなった弓子は、彼に愛人までいることを知りつつも、肉体関係を持ってしまうのだった――。

酒と女のために予備校を掛け持ちするようなクズ男と、予備校の女子生徒が半同棲(どうせい)生活を送るストーリーは衝撃的。ふたりの関係は不倫であっても弓子のほうは本気だが、三村は彼女とまた違う考えを持っている。三村は本妻のほかにも10年来の付き合いがある愛人、そして弓子を愛し、誰かひとりを選ぶことなくただれた生活を送っている。

そんな報われない恋をする弓子役を演じたのは、若き日の女優・田中美佐子だ。公開当時、田中は新人ながらもフルヌードでラブシーンを熱演した。布団の上で男と何度もキスし、彼の体を愛おしそうに舐(な)める姿が官能的だ。

不倫ラブシーンがなんとも刺激的だが、本作は「文芸エロス」と謳(うた)っているだけあって、弓子の移ろいゆく心情が丁寧に描かれている。報われない恋愛を経験した弓子が孤独感に涙し、大人に成長していく姿と、「もう大人のフリはおしまい。何も理解できなくて子どもでした」というセリフが忘れられないだろう。

サムネイル
映画『ダイアモンドは傷つかない』


サムネイル
映画『ダイアモンドは傷つかない』


「もう大人のフリはおしまい。何も理解できなくて子どもでした」......イケナイ恋に燃える予備校生の心の移ろいが切ない! 予備校生&愛人持ち既婚者の濃厚不倫ラブシーンも見どころの映画『ダイアモンドは傷つかない』を無料配信中>>

(文/カオタニ@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

1/25 デイリーランキング