川栄李奈、初主演映画でキラリと光った演技力...監督にも絶賛された『恋のしずく』の表情を見よ

2021/12/15 18:22

女優の川栄李奈は、11月より放送中のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』のヒロイン役のひとりにも抜てきされ、いまやAKB48卒業生の出世頭といっても過言ではない。2018年に公開された初主演映画『恋のしずく』でも非凡な演技力を感じさせた。

サムネイル
映画『恋のしずく』


川栄李奈の無言の「泣き笑い」演技が見事! ひとりの少女の成長にさわやかな感動が得られるヒューマンドラマ。故・大杉漣さんの遺作でもある『恋のしずく』を無料配信中>>

『恋のしずく』は、日本三大酒処のひとつとして知られる東広島市・西条を舞台にしたヒューマンドラマ。東京の農大でワインソムリエを目指す詩織(川栄李奈)は、日本酒嫌いであるにもかかわらず、東広島・西条の酒蔵が実習先に決まる――。

メガホンを取った瀬木直貴監督は、川栄の演技力を絶賛している。舞台あいさつのとき、「声のトーンひとつ、目の開き方ひとつ、体の動きひとつとっても想定外の角度からアプローチしてくる。アドリブのシーンも結構あって、『カットをかけたくない。いつまでも芝居を見ていたい』と思わせてくれるすてきな女優さんです」と太鼓判を押していた。

『恋のしずく』は、けっして大事件が立て続けに起きるようなストーリーではない。酒造りというテーマに誠実に向き合い、ひとりの少女が成長していく様子をじっくり描写した作品だ。だからこそ、役者たちには繊細な表現力が求められる。川栄はその要求に見事に応えてみせた。

作品の前半と後半で、ヒロイン・詩織の顔つきはたしかに変化している。生き生きと輝く瞳が、どんなセリフよりも雄弁に彼女の内面の動きを表している。エンディングで披露した無言の泣き笑いの演技には、特に心を動かされるはずだ。

また、本作は2018年に亡くなった俳優・大杉漣さんの遺作でもある。蔵元役を演じた大杉さんのヒロインを見守る温かな目線もしみじみと胸に迫るものだ。

サムネイル
映画『恋のしずく』


サムネイル
映画『恋のしずく』


サムネイル
映画『恋のしずく』


川栄李奈の無言の「泣き笑い」演技が見事! ひとりの少女の成長にさわやかな感動が得られるヒューマンドラマ。故・大杉漣さんの遺作でもある『恋のしずく』を無料配信中>>

(文/原田美紗@HEW

GYAO! 無料動画ランキング

映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティが、会員登録不要で見放題!今すぐ無料で動画を楽しもう!

1/25 デイリーランキング